民族的マイノリティに属すること理由とする不当な懲で、名誉を傷つけられたなどとして、東京弁護士会に所属する弁護士2人が7月12日、複数の懲者を相手取り、東京簡易裁判所と静岡簡易裁判所に損賠償をもとめる訴えを起こした。原告の1人、弁護士と代理人が同日、都内で会見して明らかにした。被告は数十人規模で、請額は非表としている。

原告側によると、2017年11月から12月にかけて、約950人から、原告2人を含む東京弁護士会に所属する18人の弁護士に対して、懲があった。そのうち10人は、会長副会長の役職にある立場だったりしたが、残り8人は名前から在日コリアンと推認されるだけで、業務上のつながりもなかったという。

弁護士は会見で「弁護士の業務としてこういうことをやっている、こういう発言をしている、という理由ではなく、ただ日弁連の名簿から名前で選ばれた」「籍ないし民族を理由として懲しており、人種差別にあたる」「得体の知れないおそろしさがあった。ほっておくという選択肢はなかった」と述べた。

謝罪文も「神経を逆なでする内容だった」

弁護士への懲をめぐっては、「余命三年時事日記」というブログが発端となって、全レベルで大量におこなわれている。このブログは、朝鮮学校への補助交付などをめる各弁護士会の明に反発したもので、今回の懲者について、弁護士は「ブログに煽られてやったのだと思う」と話した。

弁護士らに対する懲の理由には、次のような内容が書かれていた。

「違法である朝鮮学校への補助交付の会長明に賛同、容認、その活動を推進することは、弁護士確信犯犯罪行為である。利敵行為としての明のみならず、直接の対である在日朝鮮人で構成されるコリア弁護士会(原文ママ)との連携も看過できない。この件は、別途外患罪で告発している。あわせてその売国行為の早急な是正と懲めるものである」

弁護士は、人種差別にあたることを強調した。「これまでも在日コリアンに対するおそろしい表現がネット上にあった。ネット匿名でやるのではなく、自宅の住所と名前を書いて郵送する。そこまではやらないだろうというタガが外れてしまっている。堂々と人種差別ヘイトスピーチするようになっている」と摘した。

原告側によると、懲者から和解の申し入れはないという。弁護士のもとには、一部の懲者から謝罪文が届いたが、「『自分は(ブログで)洗脳された』と書かれており、当事者意識がなく、神経を逆なでする内容だった。社会的な経験がとぼしい若者ならわかるが、地位のある人だと思われる。お詫びの文書とは思えない」(弁護士)。

弁護士ドットコムニュース

「堂々と人種差別された」大量懲戒請求を受けた弁護士が提訴「タガが外れている」