アップル社iPhoneiPadの利用者には、中華民国の旗や台湾に関する入をすると、強制シャットダウンするというバグが発生するという。米国の元安全保障局(NSA)職員が自身のブログで報告した。

米国国家安全保障局NSA)の元職員で情報セキュリティの専門パトリックワードル氏が、知人の台湾人のiPhoneユーザバグの訴えを受けて、調した。

知人によると、台湾の旗である中華民国国旗絵文字を使用し、任意の相手にテキストメッセージを送信すると、受け取った人のiPhoneがシャットダウンするという。

ワードル氏が調したところ、iOS11をインストールしたAppleiMessegeには、中華民国国旗ブロックする機があった。また、同様の機は、SNSのWhatsAppFacebookメッセンジャーにも搭載されていると摘した。さらに、「Taiwan」「台湾」と入しただけで機停止になる場合もあるという。

ワードル氏によると、こうした台湾に関するバグは、iPhoneの言設定が「CN(中国語)」で、地域設定が中国である場合に発生する。この検閲は、ほかの地域や言であった場合は、解除される。

また、iPhone絵文字一覧には、確かに中華民国の旗が存在するが、中国ユーザーには意図的に表示できない仕組みがあると摘した。

ワードル氏はブログで、「アップル社iOSコードを追加して、中国政府のご機嫌取りをしているというのは本当か?」との質問に対して、「もちろんだ!」と回答している。

(編集・佐渡世)

(GettyImages)