内外で活躍する現代アーティスト日比野が監修するアートプロジェクトTURNの、一年の集大成ともいうべき『TURNフェス4』が上野東京都美術館2018年8月17日)~19日(日)の3日間開催される。

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNとは、障の有、世代、性、籍、住環境などの背景や習慣の違いをえた多様な人々の出会いによる相互作用を、表現として生み出すアートプロジェクトの総称で、2017年からは、東京2020オリンピックパラリンピックの「認文化オリンピアード」として実施されている。

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

『TURNフェス』の開催4回を迎えた今回は、日比野による造日常非常日(ピッジョッピジョッピ)」をテーマに、ひとりひとり異なる日常が出会うことで生まれる“違い”を知り、それを楽しむ場が創造される。東京2020オリンピックパラリンピックロゴデザインでも著名な野老雄や、NHK教育「からだであそぼ」など出演の森山開次などTURNに参加しているアーティストや、各施設・コミュニティのほか、 呼びかけに応えた多ゲストたちが展示やステージワークショップトークなどでフェスの会場を盛り上げる。

あなたの日常は、かの非日常。多様な価値観背景を、アートを通じて体感することで、いままでに気づけなかった自由な発想や世界の見方に出会えるかも。今年のはTURNフェスにお出かけしてみよう。

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

TURNフェス4 撮影:伊藤友二

日比野克彦(美術家。アートプロジェクト「TURN」の監修)よりコメント

経験とか知識とかが障になることがあるとしたら、それはどのようなことなのかを考えてみる。
私と他者が同じものに対峙しても私の経験は他者の経験と同じにはならない。
私の日常はあなたの非日常。あなたの日常は私の非日常
それがいつも一緒にあるのが日常非常日。