【元記事をASCII.jpで読む】

順調に拡大するヒロアカ、駆け抜けたウマ娘・ゴールデンカムイ
2018年4月期アニメを振り返る

 恒例のテレビアニメの二次創作調査、前回より3ヵ月の放送を終えた前期のアニメを振り返るかたちとなりました。今回調査したのは2018年4月開始の春アニメ計56タイトル。

 4月アニメは前回の初期調査の通り「僕のヒーローアカデミア」がpixivトップ。またスタートダッシュの良かった「ウマ娘 プリティーダービー」はその後も快走、ニコ動でトップ・pixivでも高順位でゴールしました。好調だった「ゲゲゲの鬼太郎」も上位に安定し、pixiv二番手となっています。

 伸びた作品としては「ゴールデンカムイ」。放送後人気を拡大してニコ動・pixivとも3位に入っています。ほかゲーム人気の高い「PERSONA5 the Animation」はニコ動・pixivともに好調でした。

 以下ニコ動では「STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-」「キラッとプリ☆チャン」「ヒナまつり」「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」、pixivでは「東京喰種 トーキョーグール:re」「イナズマイレブン アレスの天秤」「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」「鬼灯の冷徹 第弐期 その弐」「ガンダムビルドダイバーズ」などに人気がありました。

着実に人気を拡大する「僕のヒーローアカデミア」

 「僕のヒーローアカデミア」は今期ダントツの前評判から放送開始以降でさらに成長。特にpixivで人気を拡大しています。

 ニコ動ではMMD動画が人気。キャラ別でpixivの投稿が多かったのは「緑谷出久」「轟焦凍」「爆豪勝己」「トガヒミコ」など。「緑谷出久」は今期では2番目、男性キャラでは最も投稿数が多く、「轟焦凍」「爆豪勝己」もそれに続きます。また今回から本格的に登場した人気キャラ「トガヒミコ」も女性キャラでは2番目に投稿が多かったです

 pixiv投稿は男女ともに人気が高く、投稿者はどちらも今回のタイトルでトップ。女性がやや多く7割です。海外の投稿者も3割と海外人気も高いタイトルです。

4月アニメを駆け抜けた「ウマ娘 プリティーダービー」

 新作では、前回紹介した「ウマ娘 プリティーダービー」が快走。pixivでは期間を通じて継続的に投稿が拡大。ニコ動では好調なスタートダッシュのあと一時停滞しましたが、序盤山場のダービー回で盛り返し、天皇杯回後の落ち込み後もラスト3回でスパートをかけ好調なままゴールしました。

 ニコ動ではMADが人気で、特にJRAのCMの再現や実際の実況を組み合わせた動画がヒットしました。pixivでは主役の「スペシャルウィーク」と「サイレンススズカ」の投稿が多く、以下「トウカイテイオー」「ゴールドシップ」「ダイワスカーレット」などが人気です。YouTubeでは昨今のvtuberブームを思わせる「パカチューブ」が公式に配信され話題になりました。

 投稿者はほぼ男性。公式からのファンへの注意などが話題にもなりましたが、R-18イラストは1割ほどと女性キャラ人気の作品としては低め。海外からの投稿者も4分の1ほどと多いです。

北海道を巡る男たちの魅力が薫る「ゴールデンカムイ」

 今期伸びたのが「ゴールデンカムイ」。アニメ化前から話題のあった作品ですが、放送開始後に拡大、ゴールデンウィーク前後でpixivの投稿を大きく伸ばしました。

 ニコ動ではアニメ以前から投稿のあったMMD動画が拡大。pixivでは主人公「杉元佐一」と「尾形百之助」、ヒロイン「アシリパ」の投稿が多いです。

 Pixivの投稿者は女性が4分の3と多い一方、海外からの投稿者は1割ほどと少なめでした。

アニメ「ゴールデンカムイ」より公式PV。原作は野田サトルの「週刊ヤングジャンプ」連載中の同名のマンガ作品。日露戦争後の北海道を舞台に主人公らと軍人や脱獄囚がアイヌの金塊を巡って殺し合う物語。アイヌグルメや独特のテンポも魅力。

4月アニメ投稿人気の推移

 今回も各作品の投稿数順位からこの3ヵ月の変化を見てみます。

 ニコ動では「ウマ娘 プリティーダービー」が第2・3週以外はトップを独走。また「僕のヒーローアカデミア」が継続して上位にいますが、第3週以降「ゴールデンカムイ」が上昇。前半で人気の高かった「STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-」、後半の「キラッとプリ☆チャン」などを交えながら2位以下はよく入れ替わっています。

 pixivでは「僕のヒーローアカデミア」が放送前からの人気でトップ。序盤から上位の「ゲゲゲの鬼太郎」「PERSONA5 the Animation」に加え、やはり「ゴールデンカムイ」「ウマ娘 プリティーダービー」が伸び、5月以降は「ゴールデンカムイ」が最後まで2位に定着しました。

 pixivで男性投稿者が多かったタイトルは「僕のヒーローアカデミア」「ゲゲゲの鬼太郎」「ウマ娘 プリティーダービー」「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」「PERSONA5 the Animation」「ガンダムビルドダイバーズ」など。特にウマ娘、ガンゲイル・オンライン、ビルドダイバーズは男性比率高め。

 女性投稿者が多いタイトルは「僕のヒーローアカデミア」「ゴールデンカムイ」「PERSONA5 the Animation」「東京喰種 トーキョーグール:re」「鬼灯の冷徹 第弐期 その弐」「イナズマイレブン アレスの天秤」など。「鬼灯の冷徹 第弐期 その弐」「イナズマイレブン アレスの天秤」は投稿者の約9割が女性です。

 「PERSONA5 the Animation」「東京喰種 トーキョーグール:re」は男女共に人気がありました。

最も描かれたキャラは猫娘!

 「僕のヒーローアカデミア」「ゲゲゲの鬼太郎」「ゴールデンカムイ」「ガンダムビルドダイバーズ」「PERSONA5 the Animation」「ウマ娘 プリティーダービー」など。このなかでは「ガンダムビルドダイバーズ」が約3割とR-18率高め。下位では「ハイスクール DXD HERO」と「Cutie Honey Universe」は投稿の半数がR-18イラストです。

 海外投稿者が多かったのは「僕のヒーローアカデミア」「PERSONA5 the Animation」「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」「ウマ娘 プリティーダービー」「ゲゲゲの鬼太郎」など。「PERSONA5 the Animation」は半数近くが海外からの投稿者でした。下位では「メガロボクス」が同じく海外からが半数です。

 「僕のヒーローアカデミア」はほぼすべての国でトップ。ほかでは「PERSONA5 the Animation」は中国とアメリカ、「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」は台湾とインドネシアでの投稿が多いようです。

 逆に「続 刀剣乱舞-花丸-」「アイドリッシュセブン」は国内からの投稿者が大半でした。

 キャラでは「ゲゲゲの鬼太郎」の「猫娘」がトップ。次いで「僕のヒーローアカデミア」の「緑谷出久」「轟焦凍」「爆豪勝己」「トガヒミコ」、「ゴールデンカムイ」の「杉元佐一」「尾形百之助」などが人気でした。女性キャラでは以下「スペシャルウィーク(ウマ娘)」「犬山まな」「アシリパ」などの投稿が多かったです。

 R-18イラストでも「猫娘」がダントツ。以下「ゲゲゲの鬼太郎」の「犬山まな」、「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」の「レン」、「ガンダムビルドダイバーズ」の「アヤメ」などが上位でした。特に「アヤメ」は4割がR-18イラストでした。

 ニコ動とpixivで若干の傾向やタイミングの違いがあるものの、「僕のヒーローアカデミア」の安定したヒットと「ウマ娘 プリティーダービー」「ゴールデンカムイ」の伸びが目立つ3ヵ月でした。

新作期待の7月アニメ

 最後に、今期7月アニメの1週目を終えた現在での傾向をみてみます。調査時点で未放送のタイトルもあり暫定的な数字ですので今後を占う程度の意味合いでご覧いただければと思います。

 まずはダントツの投稿数の「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3rd SEASON」。アイドルマスターシンデレラガールズは人気の高いタイトルです。同じく人気の高い「BanG Dream! ガルパ☆ピコ」もそうですが原作ゲーム人気で、今期も投稿数は多いと思われますが、アニメ化での変化は小さいと予想されます。ほか、人気マンガの「銀魂 銀ノ魂篇 (後半戦)」「進撃の巨人 Season 3」も投稿が多いです。

 新作では「殺戮の天使」が目立ちます。原作のフリーゲームがニコニコ動画の実況プレイ動画などでヒットしたタイトルで、女子中高生の人気が高い作品です。キャラクターでは主人公「レイチェル・ガードナー」のイラストがよく投稿されています。

 ほか「はたらく細胞」「はねバド!」「千銃士」が今回初アニメ化で勢いのあるタイトルです。

 今回は調査時点ではまだ放送していないタイトルも多いのでまだ様子見程度の結果です。今期はここからどのようになるのでしょうか。注目していきたいと思います。

アニメ「殺戮の天使」より公式PV。第1話は13日24時からニコニコチャンネルで配信開始。


春アニメ二次創作状況まとめ ヒロアカ・ウマ娘・ゴールデンカムイが強い!