中間の貿易摩擦の影から25%の追加関税を受け、中国で新価格の値上げに踏み切ったEVメーカーの「テスラ」。同社は7月10日上海EV生産のための新工場建設で合意し、覚書を結んだそうで、認可が下り次第、ければ2019年初めに着工する計画のようです。

詳細画像はこちら

中国海外自動車メーカーが単独出資で生産工場を建設するのは初めてのことで、テスラとしても米国外に工場を設けるのは初となります。生産開始から2〜3年後に50万台/年の生産をしているそうで、日経新聞によると新工場は巨大電池工場「ギガファクトリー」や、モーターなどの要部品、車両組立などを担う拠点になる模様。

詳細画像はこちら

これまでは中国による外資規制等により現地生産が実現しておらず米国からの輸出に頼っていましたが、今年に入り中国政府が自動車分野における出資規制を撤したことで単独出資での中国進出が可に。

詳細画像はこちら

トランプ政権が保護義に傾倒するなか、中国政府は市場開放をアピールする狙いもあるとみられ、テスラはこれを機に最大市場である中国での現地生産により、貿易摩擦などのリスクを回避する考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:TESLA)

【関連記事】

BMW米国産の中国向け新を値上げへ! ・中の関税操作が消費者を直撃
https://clicccar.com/2018/07/09/607471/

トランプ大統領による輸入への追加関税(+25%)の的は?
https://clicccar.com/2018/07/01/604616/

トランプ政権による輸入関税アップ(最大10倍)は米国にとっても損大?
https://clicccar.com/2018/06/25/602681/

日本自動車工業会がトランプ政権の輸入制限に強い懸念、異例の明を発表
https://clicccar.com/2018/06/12/598781/

トランプ大統領、輸入への関税を2.5から20%への引き上げを提言
https://clicccar.com/2018/05/15/589379/

テスラが初の海外工場(中国)建設へ 追加関税+25%に対応(http://clicccar.com/2018/07/12/608072/)