ドイツで開催された「ZFテクノロジーディ」では、商用向けの製品・技術だけでなく、乗用にも活用できる幅広いソリューションが発表されました。

「トレンセッティング・コックピット(=トレンドを創りだすコックピット)」は、緊急時以外はドライバー操作が不要な自動運転「レベル4」に対応した実用的な運転席です。

また、イベント前日の記者会見で2019年の量産開始が発表された自動運転の「e.GO Mover」電動バスや、スイスベンチャー企業リンスピード」社との共同開発による「Rinspeed Snap」なども、今回初めて日本マスコミに実が披露されました。

詳細画像はこちら 「e.GO Mover」は来年に量産が開始

「トレンセッティング・コックピット」にはステアリング・ホイールとペダル類がなく、センターコンソールに装備されたジョイスティック状の統合制御レバーが加減速や方向転換などクルマの前後左右の動きをコントロールします。

また、中央に配置されたタッチスクリーンでウインカーワイパーなどの操作が可です。左右に置かれたスクリーンにはスピードエンジン回転数、エネルギー残量など運転に必要な情報や、ニューステレビ放送、業務用書類など、必要に応じたコンテンツを表示する事ができます。

詳細画像はこちら

レベル4」の自動運転中はドライバーが前面道路などクルマの周辺環境に注意を払う必要がくなるため、映画鑑賞などの娯楽を楽しんだり、書類作成などの仕事を行ったりする事が可になります。「トレンセッティング・コックピット」は、そうした場合に便利で快適な間を提供できるよう設計されています。

さらに、運転に必要な操作が左右どちらの座席からでも可なため運転席と助手席の区別がなくなり、狭いスペースでの乗降性向上や荷物積み下ろしの利便性にもつながりそうです。同時に、いわゆる「右ハンドル」「左ハンドル」の区別がなくなり、自動車メーカーの生産面の効率化にも貢献します。

詳細画像はこちら ステアリングやペダルい「トレンセッティング・コックピット

「e.GO Mover」には電動ドライブに加え、ステアリング、ブレーキダンピングと後輪操システムおよび自動運転機を可にする「ProAIコンピュータカメラ、レーダーおよびライダーといったセンサー類が装備されています。

会場で披露された「ほぼ量産モデル」の展示車両には、現状の法規に基づいた式認ナンバー取得のために一般的な運転席が設けられていたましたが、システムとしてはステアリング・ホイールなどがくても自走行が可だそうです。

詳細画像はこちら e.GO Moverには運転席が不要

来年終盤の量産開始後は、パートナーである「e.Go Mobile」社のあるドイツ・アーヘンとZF本社のあるフリードリヒハーフェンを含めた複数の都市で試験運用が行われると予想されます。

特に発表はありませんでしたが、アーヘン工科大学キャンパスには、既にネットワーク接続されたインフラトラクチャが構築されており、構内では学生や教職員の移動用などに高いレベルの自動運転が行われるかも知れません。

詳細画像はこちら 最大15名(座席は12名分)の乗が可ミニバス

Rinspeed Snap」は、ZFの自動運転機や電動ドライブ75度の切れをもつフロントアクスルと後輪操を含むシャシシステムなどが採用されたコンセプトカーです。

詳細画像はこちら

ポッド」と呼ばれる乗客用キャビンと「スケートボード」と名付けられたシャシ部分を分離して用途に応じて使用できるシステムです。

展示されていたのは、4人が向かい合って座るコンピュータースクリーンを装備したシートが備えつけられている「ポッド」でした。例えば、このポッド会議が行われる場所まで移動させた後に切り離し、「スケートボード」が自走行で移動して別のポッドを動かす、というように人や物の移動を効率的にするアイディアだそうです。

詳細画像はこちらリンスピード・スナップ」は「ポッド」の分離が可 詳細画像はこちらリンスピード・スナップ」の座席

詳細画像はこちら

その他にも、すでに量産・実用段階に近づいた技術から将来に向けた提案まで、電動化や先進運転支援システムADAS)および自動運転機が盛りだくさんだった「ZFテクノロジーディ」。テクノロジー進化は乗用、商用を問わず、私たちの生活をより安全で便利なものにしてくれそうです。

とはいえ、電動化の普及には車載電池の容量や充電インフラの普及といった課題がいまだに残されています。自動運転に関しても、安全面の確保や法整備がテクノロジー進化に追い付いていないのが実情です。

安全、高効率、自動運転という自動車業界の「メガレンド」が、少しでもく、より快適でよりクリーンな、事故の社会にしてくれる日を期待したいですね。

Toru ISHIKAWA)

【関連記事】

「ZFイノベーションバン」の先進システムが宅配便の輸送効率を上げ、利便性を向上させる
https://clicccar.com/2018/07/12/607735/

トレーラーの自走行化により、コンテナの自動積み卸しが可
https://clicccar.com/2018/07/12/607746/

ステアリングもペダルもない自動運転レベル4 ZFの「トレンドセッティング・コックピット」【ZF TECHNOLOGY DAY③】(http://clicccar.com/2018/07/12/607763/)