藤原さくらが、書き下ろした映画若おかみは小学生!』の題歌、「また明日」入り予告編(https://youtu.be/oqWEY1pVACM)が開された。

映画『若おかみは小学生!』予告編

 映画若おかみは小学生!』は交通事故で両親を亡くし、祖温泉館「の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイウリ坊(立売)やライバルに助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語藤原は、「おっこちゃんがいろんな人に出会って、そこから成長して、明日も頑っていけるような歌詞を、おっこちゃんになったつもりで書かせてもらいました」とコメントしており、澄んだ伸びのある歌と穏やかな曲調が、物語を優しく包み込んでいる。

 また、あわせてポスタービジュアル開に。豊かな「の屋」の前で庭掃きする着物姿のおっこと、彼女を取り囲む個性豊かな仲間たちがらしいタッチで描かれ、これから「の屋」で巻き起こるたくさんの出会いに、胸が膨らむビジュアルに仕上がっている。さらに、前売り券が7月20日より発売されることが決定。特典には、おっこが母親を亡くした少年を元気付けるために考案する、黒豆を練り込んだプリンクリームをかけ、の甘露煮を岩に見立て露天風呂を表現した、の屋特製「露天風呂プリン」を模ったスクイーズが全計2万個限定で用意され、前売り券1枚購入につき、1個プレゼントされる。映画若おかみは小学生!』は、9月21日より全ロードショー

藤原さくら、映画『若おかみは小学生!』の主題歌初公開