ジェイコブ・コリアーが、シンフォニックジャズオーケストラと共に本邦初のスペシャルステージを開催する。

 “ワンマン・オーケストラ”というべき驚異のパフォーマンス世界を席巻。クインシー・ジョーンズ、ハービー・ハンコックパット・メセニーチックコリアジェイミー・カラムなど、錚々たるアーティストたちからも賞賛を受ける天才ジェイコブ・コリアー。ロンドン音楽一家に生まれ、2011年から多重録音のアカペラ楽器演奏による動画を配信し数単位Viewを獲得。グラミー2部門にく『イン・マイ・ルーム』、『ピュア・イマジネーション ~ヒットカヴァーズ・コレクション~』の2作品はいずれもベストセラーを記録している。

 今回、コラボレーションするオーケストラメンバーは、エリック・ミヤシロ揮のブルーノート東京オールスタージャズオーケストラを核として、弦楽器木管楽器金管楽器打楽器も加えた50余名に渡る壮大な編成。これまで以上に雄大なスケールで広がるジェイコブの世界を体感できることだろう。


情報
Blue Note Tokyo 30th Anniversary presents
JACOB COLLIER with BLUE NOTE TOKYO SYMPHONIC JAZZ ORCHESTRA
ジェイコブ・コリアー with ブルーノート東京シンフォニックジャズオーケストラ
2018年10月8日(・祝)
東京・すみだトリフォニーホール
OPEN 16:30 START 17:00
チケット:S席:8,800円 / A席:7,800円

ジェイコブ・コリアー、3年連続4度目の来日公演が10月に決定