春の九州王者が早々に敗退、4点リードで最終回を迎えるも大逆転負け

 第100回全国高等学校野球選手権の北福岡大会2回戦が12日に行われ、春の九州王者・九州国際大付が若松に大逆転負けを喫し、姿を消した。

 九州国際大付は3回に4点を先制。そのまま試合が進んだが、9回に一挙5点を奪われ、逆転を許した。その裏の攻撃で追いつくことができず、4-5で敗れた。

 夏7度、春2度の甲子園出場を誇る九州国際大付。春季福岡大会は4位に終わっていたものの、その後の九州大会では優勝を果たしていた。2年ぶりの夏の甲子園出場を目指し、1回戦は戸畑工に10-0で快勝していたが、この日はまさかの大逆転負け。2回戦敗退となった。

 北福岡大会は、11日に3季連続の甲子園出場を目指した東筑が初戦で敗れる波乱があったばかり。またしても優勝候補が早々と姿を消すこととなった。(Full-Count編集部)

春の九州王者・九州国際大付属高校が敗退の波乱