宇宙へと飛び立った日本人女性は、これまで向井千秋さんと山崎直子さんの2名しかいませんが、NASAには大勢の女性宇宙飛行士(含む補)が所属しています。ルイジアナ州のアリッサ・カーソンさんも、そんな女性宇宙飛行士補の1人です。彼女はまだ17才の現役女子高生ですが。

テレビで見た子供番組の影ですっかり火星に夢中になり、3才の時にはすでに「宇宙飛行士になって火星に行きたい」とお父さんに夢をっていたアリッサさん。

16才の時点での宇宙飛行士補としての履歴は、スペースシャトルの打ち上げ3回、スペースキャンプへの参加7回、スペースアカデミーへの参加3回、ロボティクスアカデミーへの参加1回、最年少でアドヴァンス・スペースアカデミー卒業サリー・ライド・アカデミーへの参加2回など。宇宙飛行士補としては、キラッキラ履歴書ですね。

https://twitter.com/NASABlueberry1/status/1016856273353150470

先日、アメリカテレビ局彼女とのインタビューを放送しました。「18才にならないとNASAの正式な宇宙飛行士にはなれませんが、高校卒業後の進路は?」という質問には、「まずは進学して、宇宙生物学Astrobiology)の博士号を取ろうと考えています。それからNASAプログラムに参加する予定です」と答えています。

https://www.instagram.com/p/BhUzbMVHOcT/?taken-by=nasablueberry
現在彼女2033年に予定されている火星探索に向けて、NASAでの訓練に邁進する日々を送っています。水中訓練の様子を伝える『Instagram投稿

https://www.instagram.com/p/BjAqRjWF30E/?taken-by=nasablueberry
R&Bシンガーのカリードと記念撮影。宇宙を着ていないと、本当に普通女子高生です。

17才女子高生2033年に予定されている火星探索に向けて訓練中と言えば良いニュースのように聞こえますが、火星探索の裏にはどうしてもトランプ大統領が提唱している宇宙軍の影がチラついちゃいますね。2033年には32才になっているアリッサさん。その時、地球宇宙を取り巻く環境がどうなっているのか楽しみではあります。

アリッサ・カーソン公式サイト
https://nasablueberry.com[リンク]

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/p/Bhoy7SBl0gX/?taken-by=nasablueberry

ソース
https://nasablueberry.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』