本田技研工業(ホンダ)は7月13日、新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」を発売する。

○軽バンに画期的な使いやすさを

新型「N-VAN」は、働く人々の生活を見つめ、様々な仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることを目指して開発された。車両タイプは、機能性を追求した「G」「L」に加え、フロントにメッキグリルを備えたロールーフ仕様の「+STYLE COOL」、丸目が特徴的な「+STYLE FUN」などを展開する。

「N-BOX」のプラットフォームを最大限に活用しながら、軽バンに求められる広い積載スペースと積載作業の効率性を追求した同車両。燃料タンクを前席の下に収めるホンダ独創のセンタータンクレイアウト採用により荷室を低床化し、高さのある荷物の積載にも対応できる空間を実現した。

同車両は、助手席側からの荷物の積み下ろし効率を向上させるため、軽バンとしては初めてセンターピラーレスを採用している。テールゲートと助手席側、2つの大開口により、様々な環境下での作業のしやすさを高め、新たな用途の可能性を広げてくれる。

○長時間移動でも快適な乗り心地に

「N-BOX」で採用した高効率エンジンをベースに「N-VAN」向けに最適化されたエンジンは、荷物を積んでも力強い加速を生むパワーを持ちながら、優れた燃費性能も両立。直列3気筒DOHC0.66リッターの自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類を設定し、JC08モードでの燃料消費率はそれぞれ、23.8km/L、23.6km/Lとなっている。

安全性能の面では、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備とした。「衝突軽減ブレーキ」「誤発進抑制機能」「歩行者事故低減ステアリング」「先行車発進お知らせ機能」「標識認識機能」「路外逸脱抑制機能」「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「LKAS(車線維持支援システム)」の8つの機能に加え、「後方誤発進抑制機能」ならびに「オートハイビーム」も搭載。

グレードと価格はそれぞれ以下の通り。
N-VAN
「G・Honda SENSING」:FF 126万7,920円/4WD 137万7,000円
「L・Honda SENSING」:FF 134万1,360円/4WD 145万440円

N-VAN +STYLE
「FUN・Honda SENSING」:FF 156万600円/4WD 169万1,280円
「FUN・ターボ Honda SENSING」:FF 166万8,600円/4WD 179万9,280円
「COOL・Honda SENSING」:FF 156万600円/4WD 169万1,280円
「COOL・ターボ Honda SENSING」:FF 166万8,600円/4WD 179万9,280円

※価格は全て税込
(小山悠)

画像提供:マイナビニュース