【元記事をASCII.jpで読む】

 「パン好きの牛乳」をご存知でしょうか? カネカ食品が手がける、パン好きな人のために開発された牛乳で、今年4月に発売。現在、関東、関西エリアのベーカリー店などで販売されています。500mlパックで、実売価格は220円前後。

 東京・青山で5月に開催された「第13回 青山パン祭り」で配布されるなどして、パン好きの注目を集めています。

 特徴は、後味のすっきりさ。ベルギーのPUR NATUR社と技術提携し、生乳加熱時の温度と時間を丁寧に調節して「コクがあるのに後味すっきり」を実現したとのこと。

 カネカというと、塩化ビニル樹脂などを生産する一方、パン酵母、マーガリンといった食品事業も手がけています。本製品で乳製品事業に参入しました。

 パンに合う、というテーマがおもしろいですよね。実物を手に入れることができたので、本当にパンに合うのか試してみました!

 まずは、パンを食べないで牛乳だけ飲むと、クリーミーな甘さが印象に残りました。まろやかだけど、けしてくどくはありません。ちなみに乳牛は「北海道育ち」とパックに書かれています。

 パンを食べながら飲むと、小麦の甘さと牛乳の風味が調和され、パンの自然なおいしさが引き立つように感じました。なるほど、よく合います。あくまでパンが主役。牛乳のコクが小麦と相性が良く、しかも後味のキレが良いため、パンの邪魔をしません。

 今回、あんぱん、焼きそばパン、バケットで試しましたが、いちばん合うと感じたのは甘さが広がるあんぱんです。あと、意外でしたが、焼きそばパンとも相性が良かったです。ただ、バケットに関しては、バターの風味が強かったため、一体感がそこそこでした。他にもどんなパンが合うか試してみたいです。

 繰り返しになりますが、パン好きの牛乳は、現在、量販店やコンビニでは売っておらず、関東、関西エリアの一部ベーカリー店で扱っています。パン好きの人は、ベーカリー店に足を運んだ時にチェックしてみてはどうでしょう。発売エリアは順次拡大予定とのこと。本当にパンに合うので、今後の展開にも期待です。

「パン好きの牛乳」本当にパンに合う