全工務店ネットワークジャーネット」(宰:株式会社アキュラホーム代表取締役社長宮沢俊哉、本社:東京都新宿区)は、2018年7月2日ホテルイースト21東京東京都江東区)にいて「第19回ジャーネット大会」「アキュラホームグループジャーネットシンポジウム」を開催しました。
 全大会は年に一度、全各地の会員工務店とアキュラグループ幹部社員が集い、1年間の活動実績を共有してその成果を称え、当年の方針を共有する場として開催しています。また同日にアキュラグループジャーネットシンポジウムを併催。学識経験者、行政、住宅関連団体などより総勢553人が一堂に会しました。
 シンポジウムでは「『生き方』の場としての住まい=まちへ」と題し松村秀一氏(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻特任教授)が。次いで「とくべつであたりまえな」と題し原田氏(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO 建築家/芝浦工業大学建築学部建築学科教授)が基調講演を行いました。その後加茂みどり氏(大阪ガス株式会社エネルギー・文化研究所席研究員)、井健二氏(株式会社アキュラホーム常務執行役員/株式会社オカザキホーム代表取締役社長)が加わり、「多様化する価値観と暮らし方、新しい住まいの”かたち”を創造する」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。

【写真】第19回全国大会 方針発表の様子
ジャーネット大会2017年度活動報告
 2017年度は「日本一の豊かな暮らしをデザインする、オンリーワンの集団へ」を基本方針とし、「豊かな暮らし提案を極める」「垣根を越えた連携」を重点施策として活動。永代ビルダー塾、師範代・世話人塾の開講、全一斉フェアの開催、アキュラホームジャーネット合同勉強会など経営課題を解決する機会を設け、これらに延べ553名が参加しました。2017年ジャーネット受注総数は5,962棟(うちアキュラホームが1,710棟)1社当たりの均棟数は22.3棟(アキュラホームは含まず)で、ジャーネットが発足した1998年からの累計供給棟数は13万5,391棟となりました。1社あたりの均棟数は10年前とべ、8棟伸長しています。

2018年度基本方針と重点施策 ~新たな連携強化の具現化へ~
不変の、地域性・体性・独自性 + 相互共
= 加速度的な成長とシナジーを生み出す仕組み。各社の強みを最大限に活かし合う。

 人口・世帯数減少、新築需要減少、住宅市場縮小と、厳しい時代が前に迫り、人々の住まい・暮らしは多様化してきています。これに対応するためには従来の固定概念を取り払い、時代の変化に柔軟に対応していくことが必要です。ジャーネットでは”豊かな暮らしを実現し続ける永代続く優良ビルダー”を理想に掲げ、経営のさらなる推進、新たな連携強化を益々充実させていきます。そして、地域性、体性、独自性など各社の強みを最大限に活かし合うことで、成長とシナジーを生み出す仕組みづくりも行っていきます。 

■「多様化する価値観と暮らし方、新しい住まいの”かたち”を創造する」展示フロア
大会のメイン会場と隣接するホールでは、これまで行ってきた研究・開発などアキュラホームの取り組みをパネル展示しています。本年で40周年を迎えるアキュラホームグループの創業から現在までの軌跡の他、AQレジデンスなどでコラボレーションを実現している職人の方々(左官・庭・和・組子・数奇屋大工など)の作品を展示。中央部分では、港北展示場キラクノイエ、AQレジデンス込展示場、神戸展示場変容するの臨場感あふれる映像を三面の大スクリーンに映し出し、来場者に体感いただきました。
【写真】匠職人の方と住宅のコラボレーション
【写真】3面の大型スクリーンに映し出される展示場
デザインコンテスト・しあわせデザインコンテスト・住みこなしコンテスト
 デザインコンテストでは、普遍の美を活かし、お客様のこだわりや希望えながら、デザインに優れた住まいを競います。しあわせデザインコンテストでは、家族や近隣とのコミュニケーションが誘発されが育まれるようなシカケや取り組みを競います。住みこなしコンテストでは、住まい手による、ご入居後の工夫にスポットをあて、それらが住まいを十二分に活かしているかを競います。コンテストは開催当初より大きな反があり、今年は応募総数1,177件のうち、入賞19作品、審員特別賞4作品、優秀賞2作品が受賞。同日の豊かな暮らしを考える交流会で表式が行われました。
【写真】コンテストに投票する来場者の様子
【審員(デザインコンテスト)】
三井所清典氏(株式会社アルセッド建築研究所 代表取締役
寺尾信子氏(株式会社寺尾三上建築事務所 代表)
・丸洋子氏(株式会社扶桑社 雑誌『住まいの設計』編集長)

【審員(しあわせデザインコンテスト、住みこなしコンテスト)】
高田雄氏(京都大学名誉教授京都美術工芸大学工芸学部長
大久保恭子氏(株式会社 代表取締役
園田理子氏(明治大学工学部建築学科 教授
・野間輪子氏(日本ぐらし株式会社 代表取締役/日本ぐらし館 宰)
・檜恵子氏(京都府大学 大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 教授
山本理奈氏(東京大学大学院 総合文化研究科 社会科学専攻 助教)

配信元企業株式会社アキュラホーム

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ