モビリティランドは10月26~28日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)にて、「2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦第17回JAF鈴鹿グランプリ」と、日本初開催となる世界選手権「FIA WTCR(ワールド・ツーリングカー・カップ) Race of Japan」を同時開催する。

「JAF鈴鹿グランプリ」は1974年から1986年にかけて国内フォーミュラの最高峰レースとして開催され、2014年に28年ぶりのスーパーフォーミュラ最終戦として復活。2018年は新規導入の2タイヤ制と相まって、多彩な駆け引きとバトルが随所で生まれた開幕戦同様に、一発勝負の1レース制で競われる。

「FIA WTCR」は、激しいバトルで好評を博した「FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)」と、近年急速に拡大しているTCR規格車両を使用したレース「TCRインターナショナル シリーズ」が統合し、2018年より新しく発足したレース。ツーリングカー界のトップドライバーが多数参戦している。レースフォーマットは1大会につき3回の決勝レースとなっており、2018年は既に世界5カ国で開催され、毎レース白熱のバトルが繰り広げられている。

なお、本レースの前売チケットは9月2日より販売を開始し、決勝当日はゆうえんちモートピアパスポート(大人4,300円 子ども3,300円 幼児2,100円)でも観戦できる。JAF会員向けには、通常割引価格よりもさらにお得な特別価格で購入できる前売特別料金(30~50%OFF)が設定されるほか、会員限定で参加できるイベントなどJAF鈴鹿グランプリならではの特典が予定されている。
(エボル)

画像提供:マイナビニュース