女優の戸田恵梨香が11日、都内で行われた主演映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(7月27日公開)の完成披露試写会舞台挨拶に、山下智久、新垣結衣、比嘉愛未、浅利陽介、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、椎名桔平、西浦正記監督とともに登場した。

同作は2008年7月期にCX系列で放送されて以来大ヒットし続けているシリーズで、2017年に放送された3rd Seasonも同クール連続ドラマ内で平均視聴率・最高視聴率ともに第1位となった。ドクターヘリをテーマに医療の現場で活躍する藍沢(山下)ら若者たち(新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介)の姿を描く。

作品に合わせて、ドレスコードは「ブルー」となっていた出演者陣。戸田はスレンダーボディが際立つブルーのドレスに身を包んで登場した。深いスリットからは、内ももがチラリと覗くセクシーさ。さらに、背中とウエストの一部がシースルーになっているデザインで、4,000人の観客を魅了した。

「映画を観て、5人の大切なものができたなと思って、これからも死ぬまで大切にしたい作品が出来上がりました」と思い入れたっぷりの戸田。「映画館で、ヘリのプロペラの音を聞くとすごく興奮するんです。『コード・ブルー』が映画になったら、こんなすごいことになっちゃうんだと感じて、興奮しました。そこにも映画になった良さ、意味があるのかなと思います」と語った。

画像提供:マイナビニュース