世界的大ヒットを記録した「バーフバリ」シリーズスタッフが結集し、2009年に4億ルピー(約6億4000万円)を投じて製作されたインド映画「マガディーラ 勇者転生」が、8月31日日本開されることが決定した。「バーフバリ」の"原点"とも言えるスペクタクル・アドベンチャーが、ついに日本に上陸する。

日本でも熱狂を巻き起こしている2部作「バーフバリ 伝説誕生」「バーフバリ 王の凱旋」のS・S・ラージャマウリ監督のほか、原案、撮影、音楽、編集などほぼ全てが「バーフバリ」と同じスタッフで構成された「マガディーラ 勇者転生」。400年の時を越える運命のが迫アクション、歌と踊りとともに映し出され、本では1000ロングランヒットを達成、今もなお"傑作"として高く評価されている。今年4月ラージャマウリ監督が来日した際、ファンの熱狂ぶりに感動した同監督は、自身の代表作が日本で上映されることを熱望。帰直後に自ら再編集を行った"ディレクターズ・カット際版"で、念願の開を迎える。

舞台は1609年のウダイガル王近衛軍の伝説戦士バイラヴァは、国王トラ愛し合っていたが、王がものにしようと企む軍令官ラナデーヴの邪悪な陰謀により、非業の死を遂げる。400年後のハイデラバード。バイラヴァはバイクレーサーハルシャという若者に生まれ変わっていた。ハルシャは、町である女性の手に触れた途端、前世の記憶がよみがえるが、その女性を見失ってしまう。やがてミトラの生まれ変わりであるインドゥと運命の再会を遂げるも、かつて2人の仲を裂いたラナデーヴも、インドゥの従兄弟ラグヴィールとして生まれ変わっており、再び悪逆非を仕掛けてくる。

演はテル映画トップスターラームチャラン。"南インド映画界の伝説"チランジーヴィの息子である人気俳優が、日本初登場を飾る。ヒロイン役は「バードシャー テルグの皇帝」(2013)のカージャル・アグルワールが務め、ほか「あなたがいてこそ」(10)のスニール、「ムトゥ 踊るマハラジャ」(1995)のサラットバーブらが共演。チランジーヴィ自身もカメオ出演し、迫ダンスを披露している。

テルグ語映画では史上最高の製作費(当時)を投じた「マガディーラ 勇者転生」は、8月31日から東京新宿ピカデリー大阪なんばパークスシネマほか全順次開。

「バーフバリ」スタッフ結集、2009年の傑作