ブライダル事業の「ワタベウェディング」は、2018年7月10日「花婿修行」に関するイメージや実態の調査結果を発表した。

事育児を男性が負担することに対しては、男女ともに9割以上が「良い」と感じており、約半数の男性が「婿修行」をやりたいと回答した。

女性が男性にやってほしい:3位「育児」、2位「掃除」、1位は...

調5月15日5月25日、未婚・既婚の男女904人を対インターネットで実施された。

まず事育児を男性が負担することについて尋ねたところ、男性64.0女性70.7が「非常に良いと感じる」と回答し、「やや良いと感じる」と合わせると、男女ともに90以上の方が「良い」と感じていることがわかった。

男性に対して「実際に婿修行をやりたいですか?または、やりましたか?」と尋ねたところ、47.4が「はい」と回答した。同様に女性に対して「(夫に)実際に婿修行はやってほしいですか?」と尋ねると、66.2%が「はい」と回答し、女性男性がやりたいと思う気持ちよりも、「婿修行をしてほしい」と思っている割合が高かった。

婿修行」について、未婚男性には「具体的に何をしたいですか?」、未婚女性には「(パートナーに対して)具体的に何をして欲しいですか?」と、それぞれ尋ねたところ、男女ともにトップは「料理」(男性73.2%女性68.3)だった。男性がしたいことの2位は「掃除」(50)、3位は「洗濯」(49.4)、4位は「育児」(49.4)という結果になった。一方、女性パートナーにしてほしいことの2位は「掃除」(63.9)、3位は「育児」(59.3)、4位は「洗濯」(51.7)と、男性の考えとあまり変わらなかった。

「名もなき家事」やってくれない不満続々

女性向けニュースサイト女子力アップCafe Googirl」では、2018年7月5日、「せめてこれだけはやってほしい!地味ストレスがたまる『名もなき事』って?」という記事を掲載した。そこでは、(1)トイレットペーパーの芯を捨てる、(2)食材の買い出し、(3)ネットで買ったもののの処分、(4)シャンプーやボディーソープの詰め替え、(5)食事の配、(6)ゴミをまとめてしばる、が挙げられていた。

これを受けて、女性向けウェブ掲示板ガールズちゃんねる」では、上記以外にもやってほしい「名もなき事」が挙げられた。

「洋洗濯機に入れるとき表のまま入れて」
「脱いだ洗濯機に入れる(ソファーの上などに放置しがち) 。食べた皿を片付ける」
「地域の会に参加する」
「何か食べた後はテーブル拭いてほしい」
ゴミの分別。ペットボトルラベル剥がしてほしい」
「洗い物まではめないから、せめてにつけておいてほしい」

挙げればきりがないようだ。なかには、「もう事はめない。リビングで寝落ちするな布団行け」という意見も――。女性男性にやってほしいことは、事よりも「当たり前のこと」なのかもしれない。<J-CASTトレンド>

男性のみなさん。家事、やってますか?