どうも、最近家の近所に広めのカルディがオープンしたおかげで料理の腕がメキメキと上がってしまい、そろそろメシマズの称号を剥奪されそうな、ダラ嫁です。

 だってだって、世界のありとあらゆる美味しい調味料が数百円で手に入るんだもん。200円ちょっとのトリュフ塩なんか、レンチンした芋(茹でてすらいない、っていう)にかけるだけでもレストランの味なんだもん。
そしてついにリビングにルンバと空気清浄機を導入したおかげで、家が常時なんとなくキレイで、このままではダラ嫁の冠までおろすことになりそう! やだやだ! アイデンティティ崩壊! ん? っていうか、滅多にやらない掃除機がけをさらにサボりたい一心でルンバ購入に踏み切ったのだから、やっぱり根っからのダラ嫁、ってことでいいのかな? けど、ルンバを走らせることができるぐらい床にモノをおいてない、ってことだから、やっぱり最近の私はちょっと違う。

 自分で言うのもナンだけど、家庭に対する取り組みが真面目。結婚して11年、ようやく自分にとって何が最優先事項か、何を守らないといけないのか、腹が据わってきた感じです。おそ! うん、サラッと書いたけど、結婚して、11年。
今まで、このコラムではずっと「私は結婚して12年〜〜、13年〜〜〜」とか書き続けてましたが、つい先日、結婚したのは11年前だってことが判明したのです。ずっと計算間違えてたね。

 考えてみれば、入籍してわりとすぐに授かった息子がまだ10歳になってないんだから、結婚してそんな経ってるわけがないんですわ。
ごめん、今まで12年とか13年とかドヤって本当ごめんなさい。偉そうに結婚生活について語ってすみません。
今年で、結婚してやっと11年目。まだまだ新婚の領域でしたわ。

 そんな、すべての領域においてダラしなくて、アイデンティティもグラグラな私が、問題にぶつかって「どうしたらいいのかな……」と迷ったとき、必ず覗きにいき、心の指針にしているブログがあります。

私の理想の夫婦像

 そう、りゅうちぇるブログ
彼らはいつもブレてない。いつも自分たちらしく、それでいて慎ましく、愛に溢れる目で世界を眺めていて。りゅうちぇるとぺこりんは私の半分ぐらいの年齢の方だけど、彼らの生き方、アティチュードは、私の憧れ。こんな風になれたら、こんな風に人と接することができたら、こんな風に愛し合うことができたら……!

 まさに私の理想の夫婦像です。心に迷いが生じたときや眠れない夜に、なんとなく彼らのブログか、叶姉妹のブログを読みに行くのが習慣になっている私は、今朝も仕事でだいぶ嫌なことがあって「もう〜〜〜どうしたらいいんだ〜〜〜」って自暴自棄になりかけてベッドから起き上がれないままスマホでこちらのブログを開いたのです。

 そう、みなさんももうご存知の通り、りゅうちぇるはぺこりんの出産に立ち会っていました。

生まれる前の日の夜から陣痛がはじまって
約12時間 ぺこりんもリンクも頑張ってくれました

そのあいだ ぺこりん 本当に本当に辛そうにしてて...
もちろんあんなに辛そうに叫んでいるぺこりんを見たのは初めてで...

でも...ぺこりんは出産前から
「痛い」という言葉は言わないって決めてて
陣痛中 どんなに辛くても
「リンク頑張ってるね〜 すごいね えらいね 」
って言ってあげてて...


どんなに 痛くてもキツくても
リンクも一緒に頑張ってくれているんだって
リンクにずっと話しかけてあげてて...

ママの優しさって 本物の強さだな と感じながら
隣で ぺこりんを見守ることが出来て 本当に素敵な時間でした
ぺこりんは本当に素敵な女性だし ぺこりんのこと前からとっても大好きだけど 今までよりも もっともっと 大好きになった日にもなりました...❤❤❤ 「Link」りゅうちぇるオフィシャルブログ

 泣いた。もう朝から肩震わせて泣いたよね。
私が仕事の悩みでウジウジと萎縮している間に、ぺこりんは12時間の陣痛に耐えて男の子を出産していたのです。
あの、赤ちゃんみたいにかわいくていつも明るいぺこりんが、壮絶な痛みに耐えてお母さんになっていた。
そして、たまたま仕事がお休みで立ち会うことができた、というりゅうちぇるが、お父さんに。

 その気持ちを真摯にブログに綴っているのを見て、運命の二人の出産に私まで立ち会わせてもらったような気分。感動のおすそ分けをありがとう。出産の立会いシーンの感動からの、世の父親予備軍への「両親学級」参加の呼びかけ。めっちゃりゅうちぇる。めっちゃ完璧。めっちゃたっとい。

陣痛160時間!

 ああ、思えば私が出産したのはもう10年も前。
妊婦健診で子宮頸がんが見つかり(詳しい経緯はコチラから!)、妊婦でありながら癌患者になってしまった私は、壮絶なお産を経験しました。

 妊娠初期に癌の切除手術を受けたため、無事に癌の方は治って九死に一生を得たのですが、手術の後遺症で予定日になっても子宮口が開かず、陣痛がきてるのに一向に赤ちゃんが生まれない、という地獄の160時間を味わったのです。

 陣痛が160時間って聞いたことある? さまざまな難産のケースをググッても、なかなか出てこないよ。160時間て。
5分間隔の陣痛がきて病院に運ばれたのが土曜日、息子が生まれたのが金曜日だよ。さすがに最後は危ない状態になり帝王切開で引きずり出されたのですが(だったら日曜日ぐらいにそうして欲しかった!)、我ながらよく死ななかったな、と思い出すといまだに震えます。

 だから私の出産は、生の感動、というよりも死の恐怖、という記憶に塗り替えられていて、ちょっとしたトラウマなのですが、唯一救われたのが、その長い長い時間を、旦那さんができる限り寄り添ってくれたこと。

 私の意識も朦朧としていたし、旦那さんもほとんどの時間ベッド横のパイプ椅子でうたた寝していたりで(おい!)、どんな声をかけてくれたか、どんな会話をしたか、残念ながらまったく記憶にないのですが、ただ、「いてくれた」ということだけが10年経った今も私の中に残っています。

 この人、160時間、付き添ってくれた。そんでたぶん、旦那さんの中でも、こいつ、160時間、頑張ってた、って残ってると思う。

 そういうちょっとしたことが、私たちの11年間のベースになっている。
りゅうちぇるみたいにハートの絵文字を並べたストレートな言葉で愛を伝えてくれるような人ではないけれど、今日は久しぶりに自分の出産の日を思い出して、この人と結婚して良かったな、と噛みしめています。

Text/ティナ助

AM