西日本豪雨の被災地では、自宅にいられなくなった住民が避難生活を続けており、避難所生活の長期化も懸念されている。「災害ストレス」が精神疾患につながることが分かっているため、心のケアも課題の一つだ。専門家は「被災から数カ月は頑張りすぎてしまう人が多い。異変を感じたらすぐに相談を」と呼びかけている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

多くの扇風機が設置された広島市立矢野南小学校の避難所=広島市安芸区で2018年7月11日、大西岳彦撮影