コミックマーケット94に出展される釣り人向け同人誌「烏賊(イカ)で時短めし」の表紙が、最高にいい笑顔だとTwitterで話題になっています。釣り上げたイカを手にニッコリ笑う男性の写真が載っているのですが、このモデル、実は著者本人。笑顔がステキすぎて、商業ムックと勘違いしそうです。

【その他の画像】

 著者は「世の中には、コミケで頒布する同人誌の表紙に自分の顔写真使って、しかもそこにホログラム加工入れる人がいるんですよ。私なんですけど」と語るリットルさん。中面ではイカのさばき方や、「揚げずに作るイカリング」といった時短調理法をふんだんな写真で紹介しています。内容もかなりそそる……っ!

 ツイートには「良すぎる笑顔にこちらまで笑顔に」「漁業関連の雑誌やポスターでも使われそう」と絶賛の声が集まっています。投稿主は過去に手がけた同人誌「釣り人の食卓」シリーズでも表紙を飾っており、当時から知っている人からは「相変わらずフォトジェニックでうらやましい」といった声も寄せられています。そんなリットルさんの笑顔がまぶしい作品の数々は、COMIC ZINで取扱中です。

笑顔がまぶしい