今夏、レアル・マドリードからユヴェントスへの移籍が決まったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、7月下旬に来日することがわかった。

 C・ロナウド来日の目的は7月下旬にグランドオープンとなる、身に着けるトレーニング・ギア「SIXPAD(シックスパッド)」ブランドの新業態となるEMS(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)トレーニング・ジム『SIXPAD STATION』を祝福するため。同選手は「SIXPAD」の共同開発パートナーを務めており、同社の呼びかけで来日するのは3年ぶり3回目となる。先日、「SIXPAD」を販売するMTG社が東証マザーズに上場したことについても、自身のSNSでお祝いのコメントをしたC・ロナウドだが、関係性の深さをうかがわせている。

 詳細な日程は明らかとなっていないが、日本滞在中は都内で記者会見などを実施する予定。来日の度に大きな話題を呼ぶC・ロナウドだが、今回はW杯、さらにレアル・マドリードからの移籍を決断した直後とあって、改めて注目の来日となる。

2015年夏に来日した際のC・ロナウド