日本代表MF乾貴士は12日、日本のスペイン大使館でベティスへの入団会見を行った。その他にも、同代表FW大迫勇也(ケルン→ブレーメン)や同代表MF原口元気(デュッセルドルフ→ハノーファー)など、今夏に移籍を決断したW杯戦士は多い。そこで今回は、2018 FIFAワールドカップ ロシアを経て、新天地に活躍の場を求めた選手たちを紹介する。(注:情報は7月12日午前時点のもの)

写真=ゲッティイメージズ

■クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表FW)
レアル・マドリード(スペイン) → ユヴェントス(イタリア)
1985年2月5日生まれ(33歳)

 計9シーズン在籍し、通算451得点を記録したレアル・マドリードからユヴェントスへ電撃移籍。イタリア王者と4年契約を締結した。今夏、ここまでで最大のビッグディールだ。

■アルバロ・オドリオソラ(スペイン代表DF)
レアル・ソシエダ(スペイン) → レアル・マドリード(スペイン)
1995年12月14日生まれ(22歳)

 この1年半で、レアル・ソシエダのトップチームとスペイン代表の双方でデビューを果たし、ロシアW杯の最終メンバーにも選ばれた俊足の右サイドバック。6年に及ぶ長期契約を締結した。

■トマ・レマル(フランス代表FW)
モナコ(フランス) → アトレティコ・マドリード(スペイン)
1995年11月12日生まれ(22歳)

 2016-17シーズンのリーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ(CL)4強入りに貢献した攻撃的アタッカー。複数のビッグクラブが関心を寄せていたが、同胞FWアントワーヌ・グリーズマンとタッグを組むことが決まった。

■ミゲル・ラジュン(メキシコ代表MF)
ポルト(ポルトガル) → ビジャレアル(スペイン)
1988年6月25日生まれ(30歳)

 金星を挙げたドイツ代表戦をはじめ、ロシアW杯では全試合に出場。両利きで、サイドならどこでもこなせるユーティリティ性が魅力だ。2017-18シーズンの後半戦は、セビージャにレンタル移籍していた。

■ルーカス・トレイラ(ウルグアイ代表MF)
サンプドリア(イタリア) → アーセナル(イングランド)
1996年2月11日生まれ(22歳)

 昨シーズン、サンプドリアでブレイクを遂げると、ロシアW杯では全5試合に出場してベスト8進出に貢献。豊富な運動量や高いキック精度が持ち味のMFで、背番号は「11」と発表されている。

■シュテファン・リヒトシュタイナー(スイス代表DF)
ユヴェントス(イタリア) → アーセナル(イングランド)
1984年1月16日生まれ(34歳)

 スイス代表のキャプテンは7年間過ごしたユヴェントスを退団し、フリーストランスファーでアーセナルに加入。海外でのプレーは、フランス、イタリアに次いで3カ国目となる。背番号は「12」。

■キ・ソンヨン(韓国代表MF)
スウォンジー(イングランド) → ニューカッスル(イングランド)
1989年1月24日生まれ(29歳)

 ドイツ代表との一戦はベンチとなったが、ロシアW杯では主将として韓国代表をけん引。2017-18シーズンにスウォンジーの2部降格が決定したことに伴い、ニューカッスルへの移籍を決断した。

■ウカシュ・ファビアンスキ(ポーランド代表GK)
スウォンジー(イングランド) → ウェストハム(イングランド)
1985年4月18日生まれ(33歳)

 グループステージ第3戦で日本代表を完封してみせたポーランド代表GK。2017-18シーズンはスウォンジーのクラブ年間最優秀選手に輝いたが、キ・ソンヨンと同じく2部降格を受けての移籍となった。

■ルイ・パトリシオ(ポルトガル代表GK)
スポルティング(ポルトガル) → ウォルヴァーハンプトン(イングランド)
1988年2月15日生まれ(30歳)

 ユース時代から過ごしたスポルティングに別れを告げ、30歳にして初の移籍を実現。新天地に選んだのは、2018-19シーズンからのプレミアリーグ昇格を決めたヴォルヴァーハンプトンとなった。

■ラウール・ヒメネス(メキシコ代表FW)
ベンフィカ(ポルトガル) → ウォルヴァーハンプトン(イングランド)
1990年5月5日生まれ(28歳)

 ロシアW杯は2試合の途中出場に終わり、インパクトを残せなかったが、2012年のロンドン・オリンピックで優勝を経験している実力者。これがプレミアリーグ初挑戦となる。

■トーマス・デラネイ(デンマーク代表MF)
ブレーメン(ドイツ) → ドルトムント(ドイツ)
1991年9月3日生まれ(26歳)

 ロシアW杯でベスト16進出を果たしたデンマーク代表のボランチ。ドルトムントでは即戦力として期待されており、日本代表MF香川真司との新ホットライン形成にも注目が集まる。

■アクラフ・ハキミ(モロッコ代表DF)
レアル・マドリード(スペイン) → ドルトムント(ドイツ) *レンタル移籍
1998年11月4日生まれ(19歳)

 17歳の若さでモロッコ代表デビューを果たすと、今夏のW杯ではグループステージ全3試合にフル出場。将来性豊かなサイドバックはさらにレベルアップを図るため、2年間のレンタル移籍でドルトムントに加入した。

■レオン・ゴレツカ(ドイツ代表MF)
シャルケ(ドイツ) → バイエルン(ドイツ)
1995年2月6日生まれ(23歳)

 ドイツサッカーの将来を担うとされる逸材は契約満了に伴い、“ゼロ円”でバイエルンに移籍。ロシアW杯では韓国戦のみの出場に終わったため、4年後のリベンジを目指す戦いが始まる。

■ドゥシャン・タディッチ(セルビア代表MF)
サウサンプトン(イングランド) → アヤックス(オランダ)
1988年11月20日生まれ(29歳)

 日本代表DF吉田麻也と共にサウサンプトンを支えてきたレフティーは、オランダの名門クラブと4年契約を締結。エールディビジでのプレーは2013-14シーズン以来、5季ぶりのこととなる。

■ハンネス・ソール・ハルドーソン(アイスランド代表GK)
ラナース(デンマーク) → カラバフ(アゼルバイジャン)
1984年4月27日生まれ(34歳)

 FWリオネル・メッシのPKをストップして話題となったハルドーソンは、新天地にアゼルバイジャン王者を選択。同クラブは2018-19シーズンのCL予選に出場しており、本戦で再びその雄姿を拝むことができるかもしれない。

■パウリーニョ(ブラジル代表MF)
バルセロナ(スペイン) → 広州恒大(中国) *レンタル移籍
1988年7月25日生まれ(29歳)

 昨夏、広州恒大からバルセロナに加入すると、リーグ戦とコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の2冠制覇に貢献。ロシアW杯でも5試合出場1得点を記録したが、1年でのUターンが決まった。

■チョン・ウヨン(韓国代表MF)
ヴィッセル神戸(日本) → アル・サッド(カタール)
1989年12月14日生まれ(28歳)

 今年、ヴィッセル神戸に完全移籍で加入すると、韓国代表の一員として参加したロシアW杯ではドイツ代表戦でフル出場を果たし、勝利に貢献。だが、その翌日にアル・サッドへの移籍が電撃発表された。

■アンドレス・イニエスタ(スペイン代表MF)
バルセロナ(スペイン) → ヴィッセル神戸(日本)
1984年5月11日生まれ(34歳)

 Jリーグへの移籍発表は世界中のサッカーファンを驚かせた。先日、サガン鳥栖への移籍加入が発表されたFWフェルナンド・トーレスとの“同胞対決”はサッカーファンならずとも注目だ。

(記事/Footmedia)

今夏に移籍を決断したW杯戦士たち [写真]=Getty Images