激戦区を勝ち抜いたフランスとベルギーが備えた武器

 南米で優勝経験を持つブラジル、アルゼンチン、ウルグアイの全3カ国や欧州王者のポルトガルが集結し、激戦ゾーンとなったロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝第1試合に勝ち抜いてきたのは、フランスとベルギー。言わば、最も切れ味鋭いカウンターを武器とする2カ国だった。

 ベルギーは、本田圭佑のCKをキャッチしたティボー・クルトワを起点とする日本戦(3-2)のカウンターが鮮烈だったが、準々決勝のブラジル戦(2-1)でもケビン・デ・ブライネがカウンターを結実させて2点目を奪うと、その後はエデン・アザールらを中心に速攻の刃をちらつかせながらも無理はせず、何度も相手ボックス手前で矛を収め最後尾までボールを下げるなど、巧みに時間を使った。

 またフランスには、さらに効果的なカウンターの武器があった。ラウンド16のアルゼンチン戦(4-3)では開始早々にキリアン・ムバッペが自陣深い位置からの高速ドリブルでPKを獲得したが、その後もポール・ポグバのロングフィードからムバッペを走らせ、堅守から様相を一変させていた。
 
 準決勝でベルギーを1-0で下した時のフランスのボール支配率は40%。後半に入ると全員が自陣に入り守備を固めたが、反面ペナルティーエリアには17回(ベルギーは8回)侵入し、19本のシュート(ベルギーは9本)を放っている。

 そしてロングカウンターの基盤となるのが、相手のプレッシングを受ける守備ゾーンを切り抜ける巧みさで、痛快なダイレクトパスを何本も連ねてベルギーの最初のアタックを無力化していた。

 ロシアW杯も実力が拮抗したノックアウトステージに入ると、ラウンド16から準々決勝までの計12試合中でPK戦にもつれた4試合を除くと、ボール支配率で上回ったチームは4勝4敗。スペインは75%もボールを支配しながら準々決勝でロシアにPK負けし(1-1、PK3-4)、グループリーグを振り返ってもドイツは韓国戦で71%、メキシコ戦も60%保持しながら敗れた。いくら圧倒的にボールを回しても、スペースを消されてしまうと結果には直結し難い。勝ち抜くには、相手のプレスをかいくぐるパスワークと、高速カウンターのセットが必須だった。

強豪国が披露したカウンターを具現できる素材は発掘できていない

 こうして世界のトレンドを見れば、バヒド・ハリルホジッチ監督の試みは、まったく的外れだったわけではない。むしろ世界の中での日本の立ち位置を考えれば、堅守速攻は必然の流れとも言えた。だからそこに近づけるために、デュエルと縦への速い攻撃を徹底しようとした。相対的に日本の選手たちには、そこが不足していると考えたからだ。

 しかし同監督は、日本の選手たちが備える独特の資質には目が届かず、おそらく長所を活かした戦略を考案する余裕も時間もなかった。無いものねだりで世界の潮流に追従しようとするから、抜擢した選手の起用法も含めて、疑問符がつくケースが目立ち、時間の経過とともに停滞感は増した。

 だが今回、西野体制の成功で、日本の進むべき道が仄見えたとしても、同監督が語ったように「ベスト8まで8年間待つ必要がない」ほど明るい未来が開けたとも言い切れない。U-20以下には「ダイナミックなサッカーができる」(西野監督)逸材が揃っていると言うが、まだ誰も欧州のトップクラブでプレーしているわけではなく、ロシアで強豪国が披露したようなカウンターを具現できる素材も発掘できていない。

 確かにロシアでは、日本らしさをアピールできた。だが世界のトレンドを追いかけているだけでは、ここから先には進めない。日本サッカー協会が「オールジャパン」を強調するなら、狭い知己だけではなく、本当に世界の隅々まで目を凝らし、有能な人材、独自のアイデアを募るべきである。(加部 究 / Kiwamu Kabe)

フランスはキリアン・ムバッペが自陣深い位置から高速ドリブルでチャンスを演出【写真:AP】