ORIGINAL LOVEの全ツアーWake Up Challenge Tour」が、7月7日東京昭和女子大学人見記念講堂で千秋楽を迎えた。

【大きな画像をもっと見る】

6月1日愛知DIAMOND HALLで幕を開け、全7都市で展開された本ツアー田島貴男(Vo, G)は木暮也(G / ヒックスヴィル)、村田シゲ(B / □□□CUBISMO GRAFICO FIVE、Circle Darko)、小松シゲルDr / NONA REEVES)、冨田謙(Key)、めぐみCho / ヒックスヴィル、ましまろ、HEA)というおなじみのバンドメンバーを引き連れ、「Wake Up Challenge Tour」というタイトル通り、未完成の新曲を披露したり映像や電飾を用いた演出を織り交ぜたりと挑戦的な内容で観客を楽しませた。

目覚まし時計アラーム音が場内にけたたましく鳴り、バンドメンバーと共にステージに現れた田島は、1曲の「It’s a Wonderful World」で澄んだファルセットボイスかせた。続く「線と線」では、軽快なギターリフに観客も自然と体を揺らす。田島マイク片手に舞台上を動き回った「クレイジアバウチュ」を経て、6人がプレイしたのは2013年発表のアルバムエレクトリックセクシー」より「エナジーサプライ」。メンバーの体や楽器に巻き付けられた電飾装置が点し、幻想的な雰囲気を作り上げた。

冒頭4曲を終えたところで田島は“覚醒して挑戦する”というツアーコンセプトを説明し、歌詞未完成の新曲「A.I.ジョーブルース(仮)」「ゼロセット(仮)」を歌う。曲間に「付いてきてますか?」と問う田島の不安げな言葉とは裏に、場内には拍手やが沸き起こった。4月に配信リリースされた約2年ぶりの新曲「ハッピーバースデイソング」のあと、「フランケンシュタイン」ではステージ背後にスクリーンが登場。ミステリアスな楽曲の世界観とリンクする映像バック演奏された。

ライブ中盤には「あたらしいふつう」「ふたりのギター」「が見える丘」と、田島が自身にとって音楽活動の転機になったというアルバム熱」からのナンバーが続く。伸びやかで強い彼の歌に、観客はじっくりとを傾けていた。また「セーリングボート」では6人がやかなメロディを奏で、場内をクールダウンさせた。そしてもお気に入りだという新曲「A Song for Acrobat(仮)」を歌唱したあと「よろしければ立ち上がってパーティを」という呼びかけで始まった「一撃アタック」では、バンドメンバーが疾走感あふれるサウンドかせ、会場の熱気をぐいぐい引き上げていく。間入れず「ラヴァーマン」へとなだれ込むと、田島は「ラヴァーラヴァーラヴァーマン!」「三軒ラヴァーマン!」とハイテンション煽り、観客は大きな援でそれに応えた。

その後田島は「朝日のあたる」でシンガロングを誘い、さらなる一体感を生み出したところで代表曲「接吻」へ。田島は観客を差しながら「深く果てしなくあなたを知りたい」というフレーズを情感たっぷりに歌い上げた。「ソウルパワー!」の雄叫びが連呼される「Two Vibrations」、ハンドクラップが強グルーヴを生む「The Rover」で熱気はピークに達し、田島は最後に「It’s a Wonderful World」を一節歌って本編を締めくくった。

アンコールめる拍手に応えて舞台に再登場した6人は、ファンに高い人気を誇る「の裏で会いましょう」を披露。開放感のあるサウンドに乗せ、田島メロウな歌を聴かせる。続く「Let's Go!」では一心不乱にギターをかき鳴らす彼の姿を、オーディエンスは食い入るように見つめた。熱演を終え、ふらふらと頼りない足取りでステージからはけていったのも束の間、鳴り止まない拍手に呼び戻された田島は三たびステージへ。アコースティックギターを軸にしたシンプルアレンジで「希望のバネ」を届け、ツアー大団円を迎えた。

ORIGINAL LOVE「Wake Up Challenge Tour」2018年7月7日 昭和女子大学人見記念講堂 セットリスト

01. It’s a Wonderful World
02. 線と線
03. クレイジアバウチュ
04. エナジーサプライ
05. A.I.ジョーブルース(仮)
06. ゼロセット(仮)
07. ハッピーバースデイソング
08. フランケンシュタイン
09. あたらしいふつう
10. ふたりのギター
11. が見える丘
12. セーリングボート
13. A Song for Acrobat(仮)
14. 一撃アタック
15. ラヴァーマン
16. 朝日のあたる
17. 接吻
18. Two Vibrations
19. The RoverIt’s a Wonderful World
アンコール
20. の裏で会いましょう
21. Let's Go!
ダブルアンコール
22. 希望のバネ

田島貴男(ORIGINAL LOVE)(撮影:工藤ちひろ)