ドルトムント香川とも共闘したバルトラがを歓迎「ようこそクラック!」

 日本代表MF乾貴士が12日、スペイン1部レアル・ベティスの入団会見を行った。での入団会見はリーガ史上初、しかも駐日スペイン大使館での実施と異例づくしの待遇となったが、新地で待つスペイン代表DFのチームメイトは「ようこそクラック(名手)!」とメッセージを送っている。

 2015年からスペイン1部エイバルプレーし、3年間でリーグ89試合11ゴール10アシストマーク2017-18シーズン限りで契約満了となり、ロシアワールドカップW杯)開幕前の6月1日にベティス移籍を発表していた。

 今ロシアワールドカップW杯)では日本代表メンバーとして自身大会初出場。グループリーグ第2戦セネガル戦(2-2)で1ゴール1アシストと活躍すると、決勝トーナメント1回戦ベルギー戦(2-3)でも強回転ミドルを叩き込んで世界に衝撃を与えた。ベティスは昨季リーグ6位でUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得しており、にはフル稼働が期待されている。

 会見後、は自身の公式ツイッターに「入団会見してきましたー!! 大勢の方に来て頂きました!! ありがとうございましたー!! 背番号は14番です よーし、頑ろう!!!」とったが、これに反応したのがベティスのスペイン代表DFマルクバルトラだ。昨季途中までドルトムントMF香川真司の同僚だったストッパーは、投稿引用する形でこのようにツイートしている。

「君がなんて言ったのかは聞いていないけど、ようこそクラック! シンジ、心配しなくていいよ。が彼の面倒を見るからさ」

 を歓迎するとともに、元同僚の香川に対してウインクをして舌を出した絵文字日本国旗の絵文字を使ってメッセージを送った。香川バルトラの投稿リツイートして反応している。

 バルトラは、ロシアW杯決勝トーナメント1回戦でベルギー相手に強回転ミドルを突き刺した際も、「なんてことだ。なんて選手なんだよ、イヌイ… 全てが素晴らしい」とツイッターで称賛していた。香川との共闘経験もあるだけに、にとって心強い存在となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

乾の加入をベティスの同僚バルトラが歓迎【写真:Getty Images Football ZONE web】