名将マドン監督も「々はダルビッシュを復活させないといけない」

 現在ブルワーズとナ・リーグ中地区首位争いを繰り広げているカブス。2年ぶりのワールドシリーズ優勝をしているが、今季のナ・リーグは混戦模様。少し向きが変わるだけで、順位は大きく入れ替わる。そんな中、USAトゥデー」ではカブスの特集記事を掲載。その中でプレーオフ進出のカギを握るのは、ダルビッシュ有投手だと摘している。

 今カブスと6年1億2600万ドル(約1414100万円)の大契約を結んだダルビッシュは、5月26日日本時間27日)に右上腕三頭筋の腱炎で故障者リストDL)入り。リハビリを経て、戦列復帰をしたが、今度は右肘のインピンジメントと炎症で治療を受けるなど、復帰までの見通しが立ってない。

 記事では、チームが後半戦に勝ちを重ねるためには「現状で最も大事なことは、先発投手調子を整えることだ」というジョー・マドン監督の言葉を紹介。その上で、先発投手の中でも「1億2600万ドルで獲得した選手にオールスター級の活躍をしてもらうこと」だとし、ダルビッシュに大契約が示す期待通りの活躍をめた。

 日本人右腕は今季ここまで8試合に先発し、1勝3敗、防御率4.95の成績。記事ではマドン監督が「々はダルビッシュを復活させないといけない。それが先発投手の調整をする上で大きな意味を持つ」と話したことを紹介。さらに、同僚野手のベン・ゾブリストが「もしユウが本来の姿を見せれば、たちは手強いチームになるんだ」と復活に期待するも伝えた。

 復活に向けてリハビリを続けるダルビッシュを、もが心待ちにしている。(Full-Count編集部)

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】