全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。

【関連記事】誰もが愛してやまない究極の癒しキャラ『NCIS』アビー!15年間ありがとう!

1.『アメリカン・ネクスト・スター(火曜)』(NBC)
2.『60 MINUTES』(CBS)
3.『CELEBRITY FAMILY FEUD』(ABC)
4.『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班(再放送)』(CBS)
5.『ワールド オブ ダンス』(NBC)
6.『THE BACHELORETTE』(ABC)
7.『コード・ブラック 生と死の間で』(CBS)
8.『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則(再放送)』(CBS)
9.『YOUNG SHELDON(再放送)』(CBS)
10.『インスティンクト-異常犯罪捜査-』(CBS)

今回発表されたのは、6月18日(月)からの週。5月にドラマの大多数の最新シーズン放送が終了しているため、前週とほぼ顔ぶれは変わらず。圏外から10位に入った『インスティンクト-異常犯罪捜査-』以外の9つは、同じ番組がそろった。

そんな中、ドラマとしてトップである4位につけたのは『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。5月22日にシーズン15は終了しているため今回は再放送ながらも582万人の視聴者を集め、前週の5位から一つランクを上げた。一方、新エピソードを放送中の『コード・ブラック 生と死の間で』は前週の3位から7位にダウンしている。

また、前週に引き続きバラエティ番組が満載。9位から3位へと大幅にアップした『CELEBRITY FAMILY FEUD』では、NBAプレーヤーのステフィン・カリー&クリス・ポール、北京五輪銀メダリストのショーン・ジョンソンなどが登場していた。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』
(c) 2016 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.