リーガ選手の入団会見は初、駐日スペイン大使館で実施と異例尽くし

 日本代表MF乾貴士が12日、スペイン1部レアル・ベティスの入団会見を駐日スペイン大使館で行った。背番号は14に決まり、は「レギュラーを取りたい」と意気込んだ一方、ベティスのジェネラルディレクターであるラモン・アラルコン氏は獲得に至った“3大理由”について会見で明かしている。

 2015年からスペイン1部エイバルプレーし、2015-16シーズンは27試合3ゴール・4アシスト2016-17シーズン28試合3ゴール・4アシスト2017-18シーズン34試合5ゴール・2アシストの結果を残した。そうした活躍が評価され、ロシアワールドカップW杯)前の6月1日にベティス移籍が決定。リーガの選手がで入団会見を開くのは初であり、さらに駐日スペイン大使館で実施という異例尽くしとなった。

 の入団会見にはベティスのジェネラルディレクターを務めるアラルコン氏も出席し、日本人アタッカーの獲得に至った3つの理由について説明している。

「大事なのは、プレーの勤勉さ、謙虚さ、コレクティブなプレー。この3つが選手とサインをした理由です。チームの中でこの3つが非常に重要な要素になってきます」

 ベティスとの契約ロシアW杯前に締結しており、W杯での活躍はクラブ関係者に良い意味で驚きを与えたに違いない。アラルコン氏はの実を高く評価しつつ、「勤勉さ」「謙虚さ」「コレクティブなプレー」を最大のポイントに挙げている。さらに同氏は「全てにおいてレベルが高いというのは明してくれていると思うので、ベティスでも活躍してくれると思う」と期待を寄せた。(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

ベティスのジェネラル・ディレクターを務めるアラルコン氏も出席し、乾の獲得に至った3つの理由を明かした【写真:Football ZONE web】