韓国人気グループのWanna Oneが、1993年に発売されたリーボックのランニングシューズ『AZTREK(アズトレック)』を初めてオリジナルカラーにて復刻した『AZTREK OG(アズトレック OG)』のキービジュアルに登場した。

関連画像(全16枚)

 歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」。2018年より、リーボックの80年代90年代名作シューズを現代において再訴する「ALWAYS CLASSICキャンペーンを展開。今回の復刻はこの第2弾となる。

 『AZTREK』のデザインを担当したのは、スポーツシューズ界に数々の傑作を生み出してきたクリスチャン・トレッサーChristian Tresser)。『AZTREK』は彼のキャリア初期にデザインされた 1 足だったといい、彼は「ただ直観的であること、そしてフットウェアデザイン世界でどこまでいけるのかチャレンジすること、当時頭にあったのはそれだけだった」とデザインに携わった90年代を振り返っている。

 Wanna Oneは、2018年シーズンアジア地域におけるブランドアンバサダーで、キャンペーンIt's Wanna One'sPick」(https://bit.ly/2LbxvvM)にて、自ら選んだ「Reebok CLASSIC」の商品をスタイルと共に紹介。この第一弾として『AZTREK』が採用されている。

◎商品情報
AZTREK OG(アズトレック OG) 』
2018年7月19日(木)より発売開始

Wanna One、リーボック復刻キャンペーン第2弾のキービジュアルに登場