何度もセレーナ・ゴメスと破局・関係修復を繰り返したジャスティン・ビーバーが先日、モデルのヘイリー・ボールドウィンとの婚約を発表し世間を驚かせた。また最近はアリアナ・グランデが『サタデー・ナイト・ライブ』でお染みのピートデヴィッドソンと婚約したばかりだが、セレーナはアリアナの婚約についてどう考えているのか。

ジャスティン・ビーバーのことなんか、もう考えてもいませんよ。」
「いや、友達から逐一連絡がくる中、ショックを受けていないわけがない。」

そんなコメントが数多くネットに書き込まれる中、セレーナ・ゴメスアリアナ・グランデとピート・デヴィッドソンの電撃婚約に言及。以下のように述べた。

「アメイジングだし、美しいことだわ。」

しかしセレーナは、ジャスティンとヘイリー・ボールドウィンの婚約については沈黙を貫いたままだ。一方でセレーナを嫉妬させセラピー行きにさせたとも言われるヘイリーのインスタグラムには、以下のようなコメントがいくつも見受けられる。

ジャスティンはまだセレーナを愛しているんじゃないの?」
「セレーナの方が、ずっと良い。」
「これからもジャスティンはずっとセレーナをするはずだし、あなたにもそれは分かるでしょ。あなたもお気の毒に。」

今回はかなり本気とも言われるジャスティンだが、案外気が強いセレーナがこのままジャスティンアプローチしないとも言い切れない。しかしその可性を考えるとヘイリーも複雑だろう。ヘイリーを妻にすると決めたのであれば、ジャスティンはしっかりと彼女愛し守っていかねばならない。

画像は『Selena Gomez 2017年7月10日Facebook』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト