11日に行われたウィンブルドン選手権男子シングルスで、ジョコビッチとの準々決勝を終えた錦織は、もどかしさを抱えつつ充実感も漂わせた。「芝で自分のテニスを見つけ出せたことが大きな収穫だった」。ただ、ジョコビッチにはこれで13連敗。苦手意識を打ち消すことはできなかった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら