WEB配信アニメplanetarian~ちいさなほしのゆめ~」全5話が、360VR動画専用配信サービス「360Channel」で一挙配信されることが決まった。

同作は、2004年に発売された同名PCゲームアニメ化作品。世界戦後すら見えなくなってしまった封印都市を舞台に、も訪れないプラネタリウムで解説員を務めるロボット“ほしのゆめみ”と、都市をさまよう戦闘機械(メンシェン・イェーガー)の襲撃から逃れてきた謎の男屋”の物語を描く。16年に配信版「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」と劇場版planetarianの人~」が開され、17年には各地のプラネタリウムで「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ プラネタリウム特別版」も上映。クラウドファンディングサイトCAMPFIRE」では、フル3DCGによるVRアニメ化プロジェクトが多くの人の支持を集めた。

「360Channel」配信版は、3DCGで再現された映画館内で、アニメを大画面で鑑賞できるチャンネルAnime VR SCREEN」の第1弾作品となる。VR作品として、実際にプラネタリウムにいる感覚を楽しめ、隣の席に座った“ほしのゆめみ”と一緒に鑑賞しているような体験ができる。販売価格は各話800円、3日間のレンタル価格は各話500円(いずれも税込み)。

(C)VisualArt's/Key/planetarian project (C)VisualArt’s/Key/Asmik Ace