ホークス育成選手・周東も優秀選手賞に

プロ野球フレッシュオールスターゲーム2018」(青森弘前)が12日に行われ、ウエスタン・リーグ選抜が3-1でイースタン・リーグ選抜を破った。MVPには石垣中日)が選出され、賞100万円が贈られた。

 ウエスタン・リーグ選抜は3回、寺島ヤクルト)から育成契約の周東(ソフトバンク)が二塁打を放つと、福田オリックス)がセンターヒットエラーが絡み、1点を先制した。さらに、2死一、三塁となってから西村オリックス)がライト前へタイムリー。2点を先制した。

 一方、イースタンは直後の4回に先頭・清宮(日本ハム)が魅せた。藤嶋中日)のカーブを見事に捉え、ライトポール際に運ぶソロ本塁打イースタン・リーグホームランキング一発で1点を返した。

 しかし、その裏にウエスタン・リーグ選抜がすぐに突き放す。先頭の石垣坂口DeNA)から快なソロ本塁打。再び2点差とした。

 その後は両チーム投手が好投し、得点を許さない。イースタン・リーグ選抜は9回に1死二塁のチャンスを作るも、安田ロッテ)、岩見(楽天)が退し。ウエスタン・リーグ選抜が勝利した。

 MVPには石垣が選出。優秀選手賞には、2安打の周東、本塁打の清宮が選ばれ、賞50万円を手にした。(Full-Count編集部)

フレッシュオールスターはウエスタン選抜がイースタン選抜を下す