ロイアル・カレッジ・オブ・アート(以下、RCA)所属の日本人デザイナーであり、マテリアルサイエンティストの亀井潤氏が、マスクのような呼吸器と首にかける人工エラ水中呼吸を可にする『AMPHIBIO』を発表しています。『AMPHIBIO』は、地球温暖化による位の上昇から世界没するという未来を見据え、最先端の3Dプリント技術を活用してデザインされたコンセプトです。『AMPHIBIO』の開発には、RCAと東京大学生産技術研究所が共同で設立したRCA-IIS Tokyo Design Labが協しています。

昆虫の呼吸メカニズムからヒントを得た『AMPHIBIO』は、多孔質かつ撥水性の素材でできていて、水中酸素を取り込むと同時に蓄積した二酸化炭素水中に排出することが可です。水中酸素を効率的に取り込むためには、広い表面積が必要となりますが、コンピュータで表面積を最大化できる形状を算出し、3Dプリントしたものが『AMPHIBIO』です。

現時点での『AMPHIBIO』はあくまでプロトタイプ的な位置付けですが、今後色々な技術を組み合わせていくことにより、酸素ボンベ不要もしくは最小限の酸素ボンベで長時間の水中滞在が可になると亀井氏は考えているそうです。

没した世界と聞くとなにやらディストピア世界を想像しますが、人類は周囲の環境に適合して生活してきた歴史があります。例え、世界没したとしても再度その環境に適合して生き抜いていくのでしょう。

ジュラシック・パーク』のマルコム博士ではありませんが、「Life finds a way(命あるものは生き延びる術を見つけ出す)」ですからね。

AMPHIBIO – GILL IN THE TANK – (Vimeo
https://vimeo.com/276257699

AMPHIBIO』の水中テストの様子。

JUN KAMEI公式サイト
http://www.junkamei.com/

Copyright (C) Jun Kamei

※画像:
http://www.junkamei.com/amphibio/

ソース
http://www.junkamei.com/amphibio/
https://3dprintingindustry.com/news/interview-jun-kamei-rca-designer-behind-our-3d-printed-gills-135353/

Design by Jun Kamei
Photography by Mikito Tateisi
Model : Jessica Wang

Rendering by Kathryn Strudwick

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面未来、探メディアガジェット通信(GetNews)』