ベネディクトカンバーバッチが、NPO団体PETA(動物倫理的扱いをめる人々の会)が選ぶ「最も美しいビーガンセレブ」に選ばれた。カンバーバッチは今年初めからビーガン(全菜食義者)として一切の動物製品を口にしておらず、世界中のファンに向けて同じように行動するよう呼びかけていることが選出の理由だそう。

 また、映画グローリー明日への行進』の監督であるエヴァ・デュヴァネイが「最も美しい女性のビーガンセレブ」に選ばれた。エヴァは、動物を含めたすべての生き物が尊敬と等に受けるべきだと気づいてからビーガンになったそう。他には「ウエストワールド」のタンディ・ニュートンメキシコ女優ソフィア・シスニエガ、「グレイズアナトミー」のエレンポンピオが補に挙がっていた。

 PETAの上席副社長リサラングは「エヴァ・デュヴァネイとベネディクトカンバーバッチはビーガンでいることだけでなく、自分たちの活動を世界シェアすることによって動物を守ってくれている。『グローリー明日への行進』や『ドクター・ストレンジ』から感じられるビーガンのエネルギーは、2018年という時代に心優しいスターでいるとはどういうことなのかを教えてくれる」と述べた。過去にはルビー・ローズ、ジャレッド・レトー、ジェナ・ディーワンリアム・ヘムズワース、キャリーアンダーウッド、クリステン・ウィグ、マイリー・サイラス、ジェシカ・チャステインなどが受賞している。

 ベネディクトはビーガンであることを隠しておらず、『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』に向けた体づくりのために果物野菜の栄養に頼っていることを認めていた。高プロテインでありながらも低カロリーである身も摂取しないのかと聞かれた際「野菜中心の食事を摂っているよ」と答えた。

 ベネディクトは食事だけでなく身に着けるものにも気を付けており、雑誌の撮影ではレザー製品を着用することを拒否し、代わりにビーガンブーツと“フューチャー・ウール”で作られたスーツを着用していた。(BANG Media International

洋服や靴にも気を付けているそう - ベネディクト・カンバーバッチ - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images