朝ってなんでこんなにバタバタするんですかね? 朝の1時間と夜の1時間、絶対に時間の流れのスピードが10倍くらい違う気がします。「早起きすればいいじゃん」とも思いますが、早起きできるもんならとっくのとうにしています。

【画像】「寝る前にやることリスト」実践例

 「早起き」以外で、朝のバタバタを解決するライフハックを、2歳の子どもをシングルで育てつつ、フリー広報として働く青柳まさみさんに聞きました。

●寝る前にやることリスト

 青柳さんのライフハックは、寝室の電気のスイッチの近くに、「寝る前にやることリスト」を貼っておくこと。リストの項目は「たくさんあると嫌になっちゃうので」3つだけ。ポイントは、「毎朝のタスクとして片付けていかなきゃいけないこと」だけではなく、「スムーズに進むと気持ちよく1日のスタートを切れること」を考えるのがオススメだといいます。

 青柳さんの場合は「食洗器まわした?」「保育園準備した? 連絡帳?」「次の日着る服えらんだ?」の3つ。

 「『キレイに片付いたキッチンで朝食を準備できること』『息子が登園時間ギリギリまでグズグズしていたとしても気持ちの余裕を持てることと、保育園の先生に忘れ物を申告しなければならないというストレスを事前になくすこと』『その日のスケジュールに合わせて、かつ自分のテンションが上がる服装で過ごせること』が自分の満足度を爆上げするので、明日の自分のためにそこだけ用意しておきます」(青柳さん)

 ちなみに青柳さんは「保育園の準備」も紙のリストを壁に貼っているといいます。毎朝のことで慣れていても、リストが文字にしてあることで「あれ入れたっけ?」「何がいるんだっけ?」というバタバタが減りますし、家庭内で慣れない人に準備を託すこともできそうです。

 みなさんの「(明日の自分のための)寝る前にやることリスト」はなんですか? 記者の場合、「洗濯機を回す」「床に散らばったペットボトルをビニール袋に入れる」「ごみを出す」ですかね……今日の夜試してみようと思います。

朝の時間をちょっと楽にするライフハック:寝る前にやることリスト