13日深夜12時17分にスタートする『GIVER 復讐の贈与者』(テレビ東京系)。12日、放送に先がけテレビ東京で会見が行なわれ、主演の吉沢亮、森川葵、小林勇貴監督が登壇した。

■ヨシヒコ大好き人間

吉沢亮,森川葵,小林勇貴(©ニュースサイトしらべぇ)

本作は、日野草の新感覚リベンジミステリー「GIVER 復讐の贈与者」シリーズ(角川文庫)を原作に、吉沢亮が初のダークヒーローを演じ、期待の若手監督・小林勇貴の初ドラマ作品としても話題だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今回のオファーを受けた際の感想について、主演の吉沢は

「素直に嬉しかったです。ドラマ24の枠って、すごく挑戦的な作品をやっているイメージがすごい強いですし、元々めちゃめちゃ『(勇者)ヨシヒコ』大好き人間だったので、『ヨシヒコ』の枠で、主演か…俺すげぇなって。(笑)本当にすごい、嬉しかったです」

(©ニュースサイトしらべぇ)

そして、ヒロイン・TAKER(テイカー)役の森川は、

「謎の少女役って言われて、謎? って、そこは疑問だったんですけど、吉沢さんと小林さんのタッグを私は観たいなって思ったので、自分の役っていうよりは、2人を近くで見ていたい! っていうので、本当におもしろそうだなと思って」

(©ニュースサイトしらべぇ)

また、小林監督は

「吉沢くんが演ってくれたことを観て、“あ。こっちにしたい!”とすごく引っ張られています。ちょっとモヤモヤしていた視界が、一瞬で晴れたりする瞬間があって、“これだー”って毎回思いますね」

と、吉沢のクリエイティブな演技に惚れこんでいることを語った。

■吉沢ケーキを食べられず

吉沢亮,森川葵(©ニュースサイトしらべぇ)

撮影中のエピソードを聞かれ、森川が現場でのサプライズを明かしたのだが…

「私(クランク)インした日が、自分の誕生日の次の日だったんですよ。急に部屋が暗くなったかと思ったら、吉沢さんがケーキを持ってきて、『え?』って驚いて。すごい祝っていただけたのが、嬉しかったです。

でも、吉沢さん今すごい忙しいので、結局ケーキは一緒に食べられずに、そのまますぐに次の現場へ行っちゃって…」

吉沢は「食べたかったです…」と、ちょっと切ない話に。

■小林勇貴節が炸裂

(©ニュースサイトしらべぇ)

いよいよ明日の深夜12時17分から、『GIVER 復讐の贈与者』が放送されることに関し、吉沢は

「ついに明日からこの『GIVER』が放送されるっていうのは、すごくドキドキしますね。すごく挑戦的な作品というか、なかなか観たことのないドラマになっていると思うので、これを観た人がどう思うのか? 今から楽しみでしょうがないです」

と、作品への手応えを強く感じているよう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一方、森川は

「私も1話を観たのですが、本当に破壊的な爆発が起きていたりとか、本当に衝撃ばっかりがどんどんどんどんこの作品は起きていくので、一瞬目を離すと話がどうなっているのかわからなくなる…。

スピード感のある、本当におもしろい作品になっていたので、みなさんに楽しんで観ていただければと思います」

と話す。そして小林監督が、

「めちゃめちゃ大傑作だなと思いますね、1話。もう1話からして、これかぁ…って。(笑)記念すべき1話、小林勇貴監督、そしてみなさん、おめでとうございます!」

と、小林勇貴節を炸裂し、会見を盛り上げていた。

・合わせて読みたい→初ドラマの小林勇貴監督 吉沢亮主演『GIVER』は「当たりしかないガチャポン」

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

吉沢亮『GIVER』のオファーに「『勇者ヨシヒコ』の枠で主演の俺すげぇな」