昨年10月にベティ女子チームに移籍したGK山根、“先輩”としてに助言

 日本代表MF乾貴士が12日、スペイン1部レアル・ベティスの入団会見を駐日スペイン大使館で行った。昨年からベティスの女子チームプレーするなでしこジャパン日本女子代表)のGK山根恵里奈も会見に出席し、ベティスの先輩としてアドバイスを送っている。

 2015年からスペイン1部エイバルプレーし、2015-16シーズンは27試合3ゴール・4アシスト2016-17シーズン28試合3ゴール・4アシスト2017-18シーズン34試合5ゴール・2アシストと活躍。ロシアワールドカップ前の6月1日にベティスへの移籍を発表し、この日入団会見の運びとなった。

 昨年10月にベティスの女子チームに移籍したなでしこジャパンGK山根も壇上に登場。チームスペインアンダルシア州セビージャに本拠地を置くなか、の印について「住みやすい」と言及し、さらに次のように続けた。

公園をジョギングしていたら、散歩しているおじちゃんが『この間、試合を出ていたよね』ってを掛けてくれたり、を歩いていてもすれ違いざまに『ベティスのキーパーの子だよね』ってフランクを掛けてくれる」

 住みやすさを強調した山根だが、その一方で先輩としてへのアドバイスも忘れない。「セビージャは本当にが暑いので、分補給だけしてもらえれば(笑)」と助言している。本格的な情報交換はこれからといった様子だが、新地に移るにとって、山根は心強い存在となりそうだ。(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

昨年10月にベティス女子チームに移籍したGK山根が、べティスの街の印象を乾に助言した【写真:Football ZONE web】