Image: ヤマハ株式会社

もうボカロというよりボーカルソフトだ(支離滅裂な発言)。

歌詞メロディーを入するだけで歌ってくれるVOCALOIDソフトの最新バージョンVOCALOID5」が、2018年7月12日(木)にヤマハから発売されます。前回のワールドカップぶり、もとい4年ぶりの新作ですから、新機からブラッシュアップまで、いろーんなところが変わったみたいです。

UI、かっこよくなったなぁ、嬉しい。WindowsMacで動作するほとんどのDAWソフトで、プラグインVSTAU)として使用でき、スタンドアロンでも動作します。「VOCALOID Editor for Cubase」ではCubaseとの連携が魅でしたが、もはやDAWを問わずに使えますぞ

ややこしい体系が整理

大きな変化としては、今まで「ライブラリ」「VOCALOID Editor」などに分かれていたソフトが1つに統合されます。

ライブラリとは、「初音ミク」や「鏡音リン・レン」などにあたる、皆さんご存知のボカロな音の総称このライブラリVOCALOID Editor読み込んで、歌わせたり編集したりというのが今までの流れでした。

VOCALOID 5ではこの歌ライブラリVOCALOID Editorがひとつに統合。これまでのVOCALOID EditorVOCALOID 5に大幅進化し、歌ライブラリの機ソフト内に取り込んだというイメージ。新要素の「ボイスバンク」が、今までの歌ライブラリにあたるようです。

VOCALOID3 EditorVOCALOID4 Editorの歌ライブラリは、「VOCALOID5」でもちゃんと読み込めますので、ご安心を。今までは個別で購入できたものが統合されたぶん、ソフト自体の価格は上がっちゃったみたいですけどね。

リードボーカル用、コーラス用など、それぞれのパラメーターが保存できるように

Image: ヤマハ株式会社

マウスゴリゴリやってたダイナミクスやポルタメントなどの調整も、プリセットから選べるようになり作業効率は大幅にアップ。面いのは「スタイル」という新機で、パラメーターを一括調整&スタイルに保存できるようになりました。たとえば、同じボイスバンクリードボーカルコーラス系とで、パラメーターの内容を個別保存しておけるんですね。書式みたいなイメージでしょうか。

VOCALOIDなのに歌わせる必要がない

Image: ヤマハ株式会社

さらに便利なのが、あらかじめ収録されているフレーズデータベースです。英語の「Oh!」や「Amen」、日本語なら「あ、よいしょ」などの掛け的な音が2,000個以上も収録されていて、サンプル音を貼り付ける感覚で使えます。VOCALOIDなのに歌わせる必要がない、むしろ既に歌ってくれていて、それをアレンジして使って下さいというアプローチ。今だわぁ。

新しいボイスバンク

Image: ヤマハ株式会社

あとはもう歌の人間っぽさですよね。KaoriKenAmyChrisという4つのボイスバンクが新たに登場し、同梱されます。

上のデモ映像でも歌が聞けますが、ここまで人間っぽいとある意味ボカロっぽくないというか、人間のすあまボーカロイドボーカロイドらしさを失ったとか、そう思うと滾るモノはある。ソフトとしてのボカロとはともかく、音楽質としてのボカロは、時代によって変わっていくのかもしれません。

これら4ボイスバンクを収録した「VOCALOID5 STANDARD」と、追加でさらに4ボイスバンクを加えた合計8ボイスバンク収録の「VOCALOID5 PREMIUM」の、2パッケージが用意されています。価格はそれぞれ2万5000円、4万円(どちらも税別)。アップグレード版もあります。

また、声優井上喜久子さん(17才13439日)がを担当するVOCALOID5用ボイスバンクVOCALOID 桜乃そら」が、7月26日(木)に発売予定です。あっさり発表されましたけど、VOCALOID5の操作性で17才ボイスを操れるとか、何かとアツいのではと。

作詞畑亜貴 作曲田中公平

なぜベストを尽くしたのか。あ、あと読み上げソフトVOICEROID2 桜乃そら」も発売するそうです。『みずほ先生はちみつ授業』もコピできるんです?


Image: ヤマハ株式会社
Source: ヤマハ株式会社, YouTube1, 2

ヤマダユウス型