衆院憲法審査会は12日の幹事懇談会で、憲法改正の国民投票で改憲案への賛否を呼びかけるテレビCM規制について民放連から意見を聴いた。民放連は、国民投票運動は原則自由だとしたうえで「CMは国民が自由闊達な議論を行うために必要不可欠で、必ずしも否定的に捉える必要ない」とし、規制強化に慎重な考えを示した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら