ロシアW杯で2ゴール・1アシストと活躍した、「W杯の影は感じている」と告白

 日本代表MF乾貴士が12日、スペイン1部レアル・ベティスの入団会見を駐日スペイン大使館で行った。ロシアワールドカップW杯)で2ゴール・1アシストと活躍したアタッカーW杯後の変化を明かしている。

 2015年からスペイン1部エイバルで3年間プレーしたは、W杯開幕前の6月1日にベティス移籍を発表。そしてこの日、入団会見に出席すると、「昨シーズンのベティスのサッカーは魅的だった。そのなかでやってみたいという思いがあった」と決断理由を口にしている。

 今ロシアW杯では、日本代表の一員として自身大会初出場。グループリーグ初戦コロンビア戦(2-1)で先発に抜されると、第2戦セネガル戦(2-2)で1ゴール・1アシストと活躍し、さらに決勝トーナメント1回戦ベルギー戦(2-3)では強回転ミドルシュート叩き込んで衝撃を与えた。日本は惜しくもベスト16で敗れ、初のベスト8進出はわなかったが、海外メディアから高い評価を得ている。

 ベティス入団会見のなかでW杯について聞かれたは、“W杯効果”について言及。「あんまり今までは顔をされたりしなかったけど……」と切り出すと、冗談交じりに次のように続けている。

電車に乗るたびに顔をされたりするし、プールに行くと盗撮される(笑)子ども運動会子どもたちが寄って来てくれたりする。そういうのがあるので、W杯の影はすごく感じています」

 W杯の活躍で自身を取り巻く環境も大きく変わり、W杯の影を感じたという日本の躍進に貢献した男は、新地でも「良いプレーをしたい」と燃えている。(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

ロシアW杯では2得点1アシストをマークした乾がW杯後の変化を明かした【写真:Getty Images】