中国商務省の高峰報道官は12日の定例記者会見で、トランプ米政権が対中制裁規模を新たに2000億ドル(約22兆円)積み増す方針を示したことに対して「国家の利益を守るため、必要な反撃をせざるを得ない」と述べ、報復措置で応じる姿勢を改めて示した。報復措置の規模や内容については言及を避けた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら