岡山県は12日、今回の西日本豪雨に絡む防災情報メール計約192万件の配信が、最大2時間程度遅れるトラブルがあったと発表した。県によると、登録者約6万4000人向けに配信している「おかやま防災情報メール」で、6日午後6時半~7日午前11時半に送ったメールに遅れが生じた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら