2020年度での廃校が決まっている青森県立大湊高川内校舎の野球部が12日、第100回全国高校野球選手権記念青森大会の1回戦に出場した。部員は投手の山道昴昇主将(3年)ただ一人。運動部などから助っ人を借り、試合に臨んだ。結果は38-0だったが「すべて試合にぶつけられた。悔いはない」と胸を張った。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら