経済同友会の夏季セミナーが12日から2日間の日程で長野県軽井沢町で始まった。初日は財政健全化などについて議論。経営トップからは安倍晋三政権の財政健全化への取り組みの甘さを指摘する声もあがった。13日は国際情勢や働き方改革などを中心に議論し、アピールを採択する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

活発な議論が展開された経済同友会の夏季セミナー=長野県軽井沢町で、横山三加子撮影