西日本を襲った豪雨による甚大な被害を受け、台湾側は日本側に義援金2000万円を贈ることを決めた。駐日大使に当たる謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表が12日午後、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会を訪問し、谷崎泰明理事長に義援金の目録を手渡した。義援金は同協会から日本赤十字社に届けられる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら