日本気象協会は12日、西日本を中心とした今回の豪雨について、積乱雲が連なり猛烈な雨を降らせる「線状降水帯」が九州や中国、四国地方などで計68回発生したと発表した。国内で年間を通じて発生するのとほぼ同じ数の線状降水帯が、わずか11日間で確認されたという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら