米国と中国の制裁合戦による「貿易戦争」が現実化し、世界経済の先行き懸念が高まったが、外国為替市場ではリスク回避の円買いは起きず、円安・ドル高が進んでいる。12日の東京市場の円相場は1ドル=112円台で、約半年ぶりの円安・ドル高水準を付けた。ドル買いには、米国経済への強気の見通しも影響している。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

日経平均と為替の推移