あべのハルカス美術館7月12日()、「チームラボ 学ぶ!未来遊園地」の内覧会が行われた。

【画像を見る】デジタルアート滑り台「すべって育てる! フルーツ畑」

体験デジタルアート作品を展示する「チームラボ 学ぶ!未来遊園地」は、これまで海外各地や日本各地で開かれ、常設展も日本中国、ドバイで展開している。今回の展覧会では、「と共に生きる動物達」と、チームラボの共同的で創造的な人間になることをテーマにした「学ぶ!未来遊園地」の中から「グラフィティイチャー - 山と」、「すべって育てる! フルーツ」、「巨大!つながるブロックのまち」など計7作品を展示する。

内覧会には約100組の親子が参加。子どもたちが滑り台や触れると反応するデジタルアート作品にはしゃぐ様子が見られた。

関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)では動画レポートも掲載しています。

チームラボ 学ぶ!未来遊園地

会期: 2018年7月13日()~9月2日(日)

場所:あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F)

開館時間: 10:00~20:00

休館日::7月23日()、30日()、8月6日()

大人1,400円、中高生1,000円、子ども(3歳以上) 600円(関西ウォーカー新城重登)

子どもたちに大人気だった「グラフィティネイチャー - 山と谷」