遊びの定番といえば浴!」ということで、今回は愛知県内にある個性豊かなビーチを5つご紹介。いっぱい泳いで思う存分を満喫しよう!

【写真を見る】海水浴だけでなく、イルカとのふれあいも楽しめる

飛行機を望むビーチリゾートへ

愛知県常滑市の「りんくうビーチ」は、セントレアの対部に造られた人工。長さ約630mのビーチからは飛行機を間近に眺めることができ、ウォーキング釣りに訪れる人も多い憩いの場だ。には飲食店やイベントが充実し、毎年多くの人が訪れる。

2018年10月8日(祝)まではBBQが楽しめる。BBQスペース(1区画1200円)は、予約不要の当日利用区画もあり、気軽にBBQが体験できる。

イルカとのふれあい体験に感動

日間賀の西港近くに広がる「日間賀西浴場」(愛知県知多町)は、通称サンセットビーチとも呼ばれるほど夕日美しい

9月24日(祝)まで開催中の「日間賀ドルフィンビーチ」では、イルカウォッチング(300円)や、イルカとのふれあいビーチ体験(2500円、要予約)ができる。

アトラクションで大はしゃぎ!

愛知県田原市にある伊良湖港に隣接するビーチ「ココナッツビーチ 伊良湖」も注のスポット。全長30m、高さ7.6mのビーチスライダー(60700円)や上に浮かぶウォータパーク(高校生以上601500円)などアトラクションも豊富だ。

トランポリンシーソーなどさまざまな遊具に、大人から子どもまで夢中になること間違いなし!たっぷり遊んだら、美しいサンセットを見て1日を締めくくろう

■ 砂美しい温泉浴場

西浦温泉にある西浦パームビーチ」(愛知県蒲郡市)は、季限定で浴場に変身7月28日(土)、8月4日(土)に行われる「観光地引き網」(前日17:00までに要予約、2000円/1~3人で1グループ)など、さまざまなイベントが楽しめる。

整備の行き届いた砂浴を満喫したあとは、立ち寄り湯で疲れを癒したり、ビーチから続く万葉の小径を散策して海岸線を望んだりと、一日のんびり過ごそう。

■ まるでハワイ!?ムード満点!!

宮崎浴場」(愛知県西尾市)は、ハワイワイキキビーチをイメージした吉良ワイキキビーチの一で、の長さは約570mの浴場。ヤシの木が並び、南リゾートのムードが満点だ。7月21日(土)から8月26日(日)までの期間限定で、ビーチの横にスライダーパーク(2000円/1日)も登場する。

恒例となっているハワイアンフェスティバルは、8月22日()から25日(土)まで開催。ポリネシアンダンスやフラダンスなどがビーチをる!

今回紹介したビーチは、すべて8月31日()までオープン家族や友だちと一緒に、最高のの思い出を作りにでかけよう!(東海ウォーカー東海ウォーカー編集部)

人工海浜としては東海地区最大級の大きさ。水平線に沈むサンセットも必見!